No.0272
おにのあしかた
鬼の足かた

放送回:0169-A  放送日:1979年01月20日(昭和54年01月20日)
演出:古沢日出夫  文芸:芦沢俊郎  美術:亀崎経史  作画:古沢日出夫
熊本県 ) 7511hit
あらすじ

昔、吉田川の上流あたりの山奥に、小さな村がありました。その村には二つの悩みがあって、その悩みとは「洪水被害」と「人食い赤鬼」でした。

この人食い鬼は、村にやって来ては田畑を荒らしたり、牛や馬を食い殺したり、子供をさらったりしました。村人たちはあれこれ相談していましたが、鬼の力にはかなわず途方に暮れていました。

この村には、太一(たいち)という賢くて勇気のある男の子がいました。早くに両親を亡くした太一は、家族同然のように大切に飼っていたヤギを鬼に殺されてからは、いつかは鬼を退治してやろうと思っていました。

ある日、太一が山へ薪(たきぎ)を拾いに行くと、赤鬼が現れました。赤鬼は「これからお前を食べる」と言うので、太一は、怖いのを隠しつつ「鬼のおっさんがゆるぎ岳の上から飛び降るのを見せてくれたら、喜んで食べられますよ」と答えました。

赤鬼は「俺にできないことは無い」と言って、鉄の高下駄を履いて、ゆるぎ岳の頂上へかけ登って行きました。そして、大きな金棒を振りかざしながら、「いいかぁ、良く見ておけよ」と大声を出して、勢いよくジャンプしました。

赤鬼は、ゆるぎ岳から真下の大岩に向かって、一直線に落ちて行きました。その途中、赤鬼の鉄下駄は途中で片方が脱げ、片方の足だけ裸足で着地してしまいました。赤鬼は足の骨を折り、あまりの痛さに「ギャー!」と大きな悲鳴を上げて、山奥へ逃げて行きました。

赤鬼の着地した大岩には、下駄の足跡と鉄棒の跡と裸足の足跡がくっきり残っていました。今でも、この大岩のある吉田川の一の瀬周辺は「鬼の足かた」と呼ばれるそうです。

(紅子 2013-9-26 2:52)


ナレーション市原悦子
出典熊本のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細熊本のむかし話(各県のむかし話),熊本県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1973年12月20日,原題「おにの足かた」
場所について山鹿の一の瀬(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:山鹿の一の瀬(地図は適当)
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/26 2:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 40  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
トモメル  投稿日時 2014/7/23 13:34
鬼のお話好きです
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

50 人のユーザが現在オンラインです。 (39 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)