No.0261
とうせんぼう
とうせん坊
高ヒット
放送回:0163-A  放送日:1978年12月09日(昭和53年12月09日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:亀崎経史  作画:須田裕美子
写真あり / 岩手県 ) 203436hit
あらすじ

昔、一本足の高下駄を履き、松明を持ったとうせん坊という大男が村を暴れ回っていた。

彼が物心付いた時すでに両親は無く、北上川上流の小さな寺に預けられていたが、大柄で頭が足りなかったので和尚や坊さんや子供達に「うすのろ」「でくの坊」等と苛められて育った。そんな連中を見返してやりたいと思ったとうせん坊は、観音堂にこもって祈り続けた。満願の日、観音様が差し出した手まりを食べた彼は百人力を授かった。

早速村の奉納相撲に参加したが、気付いた時には有り余る怪力で対戦相手を次々と殴り殺してしまっていた。今度は「人殺し」と罵られ、彼は山に一人引きこもった。しかし村の若者達が住処を見つけ、彼の留守中に仕返しとばかりに鍋に糞をして帰っていった。帰宅後これを知った時から、とうせん坊は暴れ者と化した。村に来ては家に火を付け、家畜を絞め殺し、村の花見の時も大人子供関係無く、怪力で殴り殺して回った。

やがて彼は村を出て、越前の「東尋坊」と言う岬に来た。ここの眺めが気に入った彼は、そこで宴会をしている優しそうな村人達に酒を勧められた。久方ぶりに人の優しさに触れた彼は酒に酔い、夢の中で母親の子守唄を聞いていた。

しかし気付いた時彼は縄で縛られ、村人達に担ぎ上げられ崖へと運ばれていく所だった。彼の涙も「おっかあ・・・」と言う呟きも、みんな彼ごと崖下に消えていった。この事があってから東尋坊で吹く強風は「とうせん坊」と呼ばれ、恐れられる様になった。とうせん坊の怨念は、今も海上で吹き荒れている。

(投稿者:綺羅津、引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細乱世に生きる(日本の民話08),瀬川拓男,角川書店,1973年2年10日,原題「とうせん坊」,伝承地「岩手県」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について東尋坊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:東尋坊
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第29巻-第144話(発刊日:1979年4月28日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
このお話の評価8.9434 8.94 (投票数 53) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 80  次>  
コメント一覧
10件表示 (全60件)
いちよう  投稿日時 2022/3/4 0:13
私は、とうせん坊は、被害者だと思います。
大勢でよってたかって、人をいじめることのほうが、人殺しより汚く醜いことだと思います。
うぐいす  投稿日時 2022/2/11 17:39
花見の際に村人を木で大虐殺して笑っているとうせん坊がまるっきりブロリーに見えてしまう…
まあ、彼も幼い頃にベジータ王に殺害されかけたからそういう意味では境遇が似ており、共に同じような末路を遂げたのかもしれません…
ゲスト  投稿日時 2022/1/19 19:33
何故岩手?福井じゃないの?
Perenna  投稿日時 2021/11/5 23:25
この昔話と似たような話で、「島の坊」というものがあります。
「日本の伝説42・岩手の伝説」によれば、以下のような話です。
「山田駅から関谷を経て、西に4.5キロほど行くと関口というところがある。昔、ここの窟(いわや)に島の坊という悪僧がいて、里人に乱暴狼藉を働いた。恐ろしいので誰も近づく者がなかったが、日頃の悪業に対する腹いせに、こっそりと窟に入り、鍋の中に大便をしておいた者があった。島の坊、烈火のごとく怒り、里に来て手当たりしだいに放火し、人を見ると片っ端から棒で打ちのめして歩いた。捕っ手が大勢差し向けられたが「それは筋違い・・・」と大口をあけ、わめめきながら暴れる。しかし、ついに力尽き、寄ってたかってなぶり殺しにされてしまった。
僧をこんな殺し方をして、と老人達が心配したとおり、それから浜にはピタリと漁がなくなり、海難も続いた。そこで、大島というところに捨て置いた島の坊の亡骸(なきがら)を大杉神社に移し、ねんごろに弔った。この大杉神社は、海の荒れを鎮める神、大漁の神として崇められている。」

大杉神社というのは、岩手県下閉伊郡山田町北浜町9-23にあるそうです。
地元の住人から鍋に糞をされて怒り狂うというところが、なんとなく共通しています。
以上、ご参考までにお知らせいたします。
taneugene934  投稿日時 2021/11/4 8:01
それは暴力が決して勝ち取れないという証拠になるだけだ誰かがいじめあっても、いじめっ子の苦しみが起こったら手放さなくてはならない。もし彼らが互いに悪い事で違反しないなら、希望があります
ゲスト  投稿日時 2021/9/8 18:00
子守歌を歌うお母さんにおぶられる温かい記憶の場面、悲しい
ゲスト  投稿日時 2021/2/23 22:27
まんが日本昔ばなしで怖かった話として覚えていたのがこの話でした。当時は怖かった印象しかなかったですが、今見るとなんともやるせない気持ちになる話です。
ゲスト  投稿日時 2021/2/22 7:08
見る方の深みが試される作品だね。アニメ自体がとうせん坊よりに描かれすぎて、行った悪事をあまりにあっさりと描いている。
そこを差し引かないと、これをもって人間の本性、社会の本性だなどと、偏った視点で悪性を認定してしまう。
青年期にありがちな世の汚さを憂いて、世界を否定する精神は全く真理など見えていない人間としての発展途上を示している。
結局はこういった作品は本来事実を列挙し両者の視点から眺めてみないと何一つ得られない。感情を煽る音楽や映像は実は不要。本当に娯楽としての意味しかなくなる。むしろ、ショックを受けた子供がいるならそれは良くないことのように思う。
ゲスト  投稿日時 2021/2/12 21:18
この現代においてとうせん坊とは誰のことか
白眼視する村の人間とは誰のことかに置き換えると
人間社会の本質が浮かび上がってくる。
ゲスト  投稿日時 2021/1/10 20:41
この話は強烈に覚えていて、『人を信用しちゃいけないんだ.ひどい人がいるんだ。』 と子供ながらに思ってしまい、その考え方の癖は今も残っています。
投稿ツリー
10件表示 (全60件)
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)