No.0261
とうせんぼう
とうせん坊
高ヒット
放送回:0163-A  放送日:1978年12月09日(昭和53年12月09日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:亀崎経史  作画:須田裕美子
写真あり / 岩手県 ) 122488hit
あらすじ

昔、一本足の高下駄を履き、松明を持ったとうせん坊という大男が村を暴れ回っていた。

彼が物心付いた時すでに両親は無く、北上川上流の小さな寺に預けられていたが、大柄で頭が足りなかったので和尚や坊さんや子供達に「うすのろ」「でくの坊」等と苛められて育った。そんな連中を見返してやりたいと思ったとうせん坊は、観音堂にこもって祈り続けた。満願の日、観音様が差し出した手まりを食べた彼は百人力を授かった。

早速村の奉納相撲に参加したが、気付いた時には有り余る怪力で対戦相手を次々と殴り殺してしまっていた。今度は「人殺し」と罵られ、彼は山に一人引きこもった。しかし村の若者達が住処を見つけ、彼の留守中に仕返しとばかりに鍋に糞をして帰っていった。帰宅後これを知った時から、とうせん坊は暴れ者と化した。村に来ては家に火を付け、家畜を絞め殺し、村の花見の時も大人子供関係無く、怪力で殴り殺して回った。

やがて彼は村を出て、越前の「東尋坊」と言う岬に来た。ここの眺めが気に入った彼は、そこで宴会をしている優しそうな村人達に酒を勧められた。久方ぶりに人の優しさに触れた彼は酒に酔い、夢の中で母親の子守唄を聞いていた。

しかし気付いた時彼は縄で縛られ、村人達に担ぎ上げられ崖へと運ばれていく所だった。彼の涙も「おっかあ・・・」と言う呟きも、みんな彼ごと崖下に消えていった。この事があってから東尋坊で吹く強風は「とうせん坊」と呼ばれ、恐れられる様になった。とうせん坊の怨念は、今も海上で吹き荒れている。

(投稿者:綺羅津、引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細乱世に生きる(日本の民話08),瀬川拓男,角川書店,1973年2年10日,原題「とうせん坊」,伝承地「岩手県」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について東尋坊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:東尋坊
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第29巻-第144話(発刊日:1979年4月28日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
このお話の評価8.7632 8.76 (投票数 38) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 80  次>  
コメント一覧
10件表示 (全34件)
ファイアーバード  投稿日時 2019/1/15 19:24
冷たい言い方になってしまうが、とうせん坊が"役に立つ"人間になれたらよかったのかもしれない。
せっかく観音様がくれた力も、それを活かす知恵がなければどうしようもない。
ゲスト  投稿日時 2019/1/4 7:22
「物理的な力や権力は、それを使うに見合った賢さや判断力がないと本人ですら不幸になる」って教訓ですかね…。
いじめは悪いことだというのは変わらないけど、それを見返すためにやったことや悪気なくやったことがことごとく暴力になってしまって、最悪の結果になってしまっている。

きついお話だけど、自分に必要な力はなにかを知らず、物理的な腕力や権力を得ても制御できないことが一番な不幸をよんでしまうのかも。
多分観音様にお願いするときも、「腕力をください」ではなく、「賢さをください」なら、また違った終わり方になったかもしれないね。

今現代でも、生活に困っているからといって、お金のきちんとした使い方を知らない人に生活保護を支給してもギャンブルや最悪変な薬に手を染めてしまうし…。

最後のシーンでも、ここでは優しい人に囲まれてお酒で酔って幸せな気分のまま寝込んだとなってますが…
話によっては酔っ払って暴れた結果、親切に宴会に混ぜてくれた人たちを死なせたりと、親切にした人たちから見たら、恩を仇で返されたようになってしまっているので…。

こう言っちゃなんですが、悲惨な殺人事件でも犯人が過去に辛いことがあり精神病患ってたり知的に障害があるからから無罪になるケースがあったりしますが…。
確かに加害者に事情があるとはいえ、被害者や当事者にしたら、判断力がなければなにをしてもいいのか!という恨みだけが残ります。
判断力がなくても、行動や腕力は人並み以上で制御できないからといって、仕方ないよねとはなりません。

自分で制御できない・きちんとした判断力がなければ、お金であれ権力であれ腕力であれ、身の丈にあった力をつけるのが良い。
もしくは、まずその力をコントロールする知恵をつけさせることが必要だという教訓でしょうか?
なんだか、考えさせられます。
街の人  投稿日時 2018/12/29 22:52
子供の時に見ましたがショッキングな話でした。
今見ても怖いですが、非常に考えさせられる話です。
秀作です。
ムー  投稿日時 2018/12/26 14:15
天使にも似た悪魔ほど、人を迷わすものはない。 ーシェイクスピアー
ゲスト  投稿日時 2018/10/13 11:03
私もそう思って見てました
ゲスト  投稿日時 2018/10/10 20:24
無差別殺人犯の何割かには、こういう原因があると思う。
ゲスト  投稿日時 2018/9/1 19:44
自分の中にいるとうせん坊を知った気がした。いいこともわるいことも程度を超えると社会から疎まれるのかなあ。
ゲスト  投稿日時 2018/8/29 8:38
弱い者たちが夕暮れ さらに弱い者を叩く
人間の抱える業の話
はなののののはな  投稿日時 2018/8/5 1:38
あらすじだけ読む限り、とうせんぼうが可愛そうです。
でも、慈愛に満ちた観音様は、どうしてとうせんぼうに力を授けただろう。苦しむためだけではなかったはず。きっと本当は、あなたはみんなを幸せに出来るよという意図があったはずと思うと、余計にかなしい。
はなはな  投稿日時 2018/7/8 9:07
ひたすら怖くて悲しくてトラウマに。
何で善人が一人も登場しないのかな。
和尚さんだって、小さい時から育てたなら、
投げ出さないで欲しかったな。特に悪いことばかりしなかったなら。
投稿ツリー
10件表示 (全34件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (43 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)