No.0247
ちどりのうた
千鳥の歌

放送回:0154-A  放送日:1978年10月07日(昭和53年10月07日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:馬郡美保子(田中静恵)  作画:辻伸一
沖縄県 ) 9049hit
あらすじ

昔、沖縄県の糸満というところに、マンクーという名前の漁師の爺さんが住んでいた。マンクー爺さんにはジラーという名前の息子がいたが、漁に出たまま戻ってこなかった。

ある日のこと、怪我をした1羽の千鳥を見つけた。マンクー爺さんが傷の手当てをしてやると、数日で千鳥の傷はすっかり良くなった。千鳥とマンクー爺さんは、一緒に暮らすことにり、息子が帰ってこないことの寂しさが少しまぎれるような気がした。

ある日のこと、マンクー爺さんが漁から帰ってくると、洗濯や食事の用意がされていた。この不思議なことは次の日もその次の日も続き、ある時、マンクー爺さんは漁に出たふりをしてこっそり家に戻ってみた。

すると、年の頃は17~18歳くらいの娘が家から出てきた。この娘は千鳥だった。千鳥の娘は、「自分が千鳥であることは誰にも言わない」事を条件に、マンクー爺さんと一緒に暮らすことになった。

やがて千鳥の娘の噂は、村中に広がった。村人たちはマンクー爺さんに娘のことを聞き出そうとするが、爺さんは決して何も話さなかった。

ある年の夏の夜、隣村に住む徳介というマンクー爺さんの古くからの友達が、酒をもってやって来た。マンクー爺さんは、その時少し酔っていたため、娘が千鳥であることを徳介に話してしまった。

正体がばれた千鳥の娘は、家から走り去って行った。マンクー爺さんは慌てて後を追ったが、もう娘の姿はなく、空には1羽の千鳥がさびしそうに鳴いているだけであった。

「誰を恨んで泣くのか浜千鳥、会えない寂しさを私もともに」という歌詞の沖縄民謡「浜千鳥節」には、このような言い伝えがある。

(投稿者: カケス 投稿日時 2013-9-14 20:29)


ナレーション常田富士男
出典伊波南哲(未来社刊)より
出典詳細沖縄の民話(日本の民話11),伊波南哲,未来社,1958年08月15日,原題「千鳥の歌」,採集者「豊川苗」
場所について沖縄の糸満
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.0000 6.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/14 23:22 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 16  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 16  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
HT  投稿日時 2015/10/26 15:29

このお話は「鶴の恩返し」と何か関係があったりしますか?
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)