トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  東京都 >  馬の毛をぬくカッパ
No.0241
うまのけをぬくかっぱ
馬の毛をぬくカッパ

放送回:0150-B  放送日:1978年09月09日(昭和53年09月09日)
演出:冨沢雄三  文芸:沖島勲  美術:石津節子  作画:冨沢雄三
東京都 ) 14540hit
あらすじ

昔、江戸は隅田川の今戸(いまど)という所に、働き者の与八という馬方がいました。

ある朝、与八がいつものように馬小屋の様子を見に行くと、身の丈が4尺くらい(約120cm)のカッパが馬のしっぽを引っ張ろうとしていました。与八は大切な馬にいたずらされていると思い、腹を立てながら棍棒を片手に馬小屋に入って行きました。

カッパは与八に追い詰められて、涙を流しながら許しをこいました。「お許しください。意地悪な川魚たちにいじめられ寝場所も奪われてしまい、馬のしっぽで魚を懲らしめる罠を作ろうと思いつきました。悪い事とはわかっていたのですが、馬の毛を盗みに来ました」と、土下座をして謝りました。

与八は、気の弱い小さなカッパを可哀想に思って、馬のしっぽの毛を5.6本ほど抜いてカッパに渡しました。カッパは何度もお礼を言いながら、大喜びで帰っていきました。

しばらくたったある日のこと、馬小屋にきたない袋が置いてありました。中を開けてみると、たくさんの小判が入っていました。与八は「きっと、あのカッパがお礼に持ってきたのだろう」と、元気なカッパの様子を想像しながら、その後も毎日元気に働きましたとさ。

(紅子 2013-12-22 21:17)


ナレーション常田富士男
出典東京のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細東京のむかし話(各県のむかし話),東京むかし話の会,日本標準,1975年09月25日,原題「馬の毛をぬくカッパ」,再話「小松崎進」
場所について今戸(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:今戸(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/12/22 21:17 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 28  件):   <前  1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 28  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2011/10/21 5:31
この話は、おぼろげながら記憶があります。確か、河童が馬の尻尾の長い毛を抜くんですよ。そこの部分だけ、わずかに覚えています。※あらすじまでは覚えていませんが。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)