No.0221
たこやくし
蛸薬師

放送回:0137-A  放送日:1978年06月03日(昭和53年06月03日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:内田好之  作画:辻伸一
写真あり / 京都府 ) 13089hit
タコをお経の巻物に変えた、お薬師様の話

京都の永福寺に、善光(ぜんこう)という若いお坊さんと年老いた母親が住んでいました。

ある時、母親が大変重い病気になり、それを案じた善光は母親が食べたいという「タコ」を買いに行くことにしました。しかし、仏に使える身である善光は、生き物の殺生は禁じられていましたので、困ってしまいました。

母親の命には代えられない、とやっと決心した善光は、タコを買いに魚屋に行きました。魚屋は、坊さんの姿では買いにくいだろうと、嫌がる善光を女装させてタコを持たせました。善意とはいえ、女装したお坊さんは逆に目立ってしまい、善光はお寺まで必死に走りました。

なんとかお寺までたどり着くと、近所の口やかましい和尚さんが立ち話していました。案の定、この和尚さんに生臭い臭いを感づかれ、無理やり桶のふたを開けられてしまいました。しかし、中からはタコではなくありがたいお経の巻物が出てきました。

善光自身にも一体どうした事かわかりませんでしたが、薬師如来様のしてくれた事と思い感謝しました。おかげで善光は母親にタコを食べさせることができ、病気もすっかり良くなりました。この薬師様はタコ薬師様と呼ばれ、今での多くの信心を集めています。

(紅子 2011-12-25 2:09)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第54巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について永福寺(蛸薬師堂永福寺)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:永福寺(蛸薬師堂永福寺)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第25巻-第122話(発刊日:1978年10月30日)/国際情報社BOX絵本パート1-第054巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第032巻(発刊日:1980年11月)
サラ文庫の絵本よりこのおはなしのように、ありがたい仏さまや、偉いお坊さんの奇跡を伝え、社寺の由来を説明することを「縁起ばなし」といいます。日本には、こうした縁起ばなしが全国各地にたくさんのこっていますが、なかでも弘法大師にまつわるものが、数の多い事で知られています。ところで、この物語の主人公がお祈りする薬師如来は、人びとを苦しみや病気から救ってくださる仏さまとして、古くから深く信仰されてきました。薬師如来の像が、かならずといっていいほど、手に薬壺をもっているのもそのためでしょう。なお、妙心寺は、京都市花園にあるお寺で、延元二年(一三三七年)に、花園上皇が離宮を禅寺にしたものといわれ、名園・名庭のあるお寺としても知られています。(かっこ枠なし)
講談社の300より書籍によると「京都府のお話」
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/25 2:09 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 34  件):   <前  1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 34  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
マルコ  投稿日時 2013/3/25 14:50
観光サイトより引用
 
人の往来が激しい新京極にオアシスのようなたたずまいの蛸薬師堂。
病気平癒や厄難消除に霊験あらたかな蛸薬師如来を奉る。

蛸薬師堂にはこんな話が伝わる。
病気の母を持つ僧侶の善光は「大好きな蛸を食べれば病気が良くなるかもしれない」
という母の言葉に悩む。僧侶の身で蛸(なまもの)を買うことは許されない。

しかし、母を助けたい一心で善光は蛸を箱に入れ買ってしまう。
すると町の人々が後をつけて来て、箱の中をみせろと責め寄る。
困った善光が祈りながら箱を開けると蛸が八軸の経巻となり霊光を放った。
驚いた人々が合掌し、南無薬師如来と称えるとふたたび蛸に戻り、
御池に入って輝いた。その光が善光の母を癒したとのこと。

この蛸薬師如来様は身体、心の病気、子宝、財産などあらゆる願いを叶えてくれるとされる。


境内にはこんな貼り紙が。

「薬師堂永福寺は、昔より寺内に一歩踏み入れただけでも、
蛸薬師如来さまのご加護があると言われています。皆様に種々良いご縁がありますように。
又、いろいろな悩み、病気等でお困りの時は、お参り、ご祈祷にお越しください。」

やさしさに溢れたお寺さん。悩みはなくとも何度でも足を運んでしまいたくなる。
マルコ  投稿日時 2012/10/19 23:10
了解しました!!
beniko  投稿日時 2012/10/19 21:47
こんにちは、マルコさん。有名なタコ薬師に行ったんですね。

メルアドの件ですが、私の個人メルアドはこのサイト上に何度も明記したくないんです。
迷惑メールが増えたり、いろいろありますんで。
だから、サイト左側にある「管理人に連絡を取る」から、マルコさんの連絡先メールアドレスを入力して、私に送信していただけませんか?
そのメルアドに、私が折り返しご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。
マルコ  投稿日時 2012/10/19 21:18
マルコは今回、京都市中京区新京極蛸薬師東側町五〇三番地にある通称「蛸薬師堂」に行ってきました。
蛸薬師堂は新京極通りの商店街を歩いていると店と店との間に突然現れるお寺という印象でした。お寺の中に入ると外の商店街の賑わいが聞こえなくなり、商店街から急に別世界に来た様に静かでした。薄暗いお堂の中には蛸薬師様の他に多くの仏様の像が安置されていました。お堂の中には「なで薬師」という木彫りの蛸さんがあってなでると体の病気が良くなる・・・とのこと。マルコは特に体の具合が悪いわけではなかったのですが・・・せっかくなので撫でてきましたよ。

お寺の張り紙にこんな事が書いてありました。
「蛸薬師堂永福寺は、昔より寺内に一歩踏み入れただけでも、蛸薬師如来さまのご加護があると言われている霊験あらたかなお寺です。」

お寺というと入るのに勇気がいるような感じがしますが、蛸薬師堂はそんな感じは全然しませんでした。本当に落ち着いていていい感じのお寺でした。

お堂の中を見回すと蛸薬師の御縁起を絵本にした「タコを買った僧」なる本があったので買っちゃいました。絵巻物風のかわいらしい絵と共に蛸薬師の由来がわかるいい絵本だとおもいます。お値段も2百円でお手ごろですし・・・。

写真をいっぱい撮ってきたので投稿したいのですが・・・紅子さんのメールアドレスがわからなくなってしまったので、送りたくても送ることが出来ません!!
「蛸薬師」の他にもまん日の話の舞台写真が溜まってきました!!
メールアドレスを教えていただいたら出来るだけ早くマルコの写真を送りますから・・・どうかアドレスをおしえてください!!よろしくお願いします!!
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)