トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  山口県 >  びゃくうん寺の強盗
No.0192
びゃくうんじのごうとう
びゃくうん寺の強盗

放送回:0118-B  放送日:1978年01月21日(昭和53年01月21日)
演出:高橋信也  文芸:沖島勲  美術:内田好之  作画:高橋信也
山口県 ) 6222hit
あらすじ

昔、小さな村の小さな寺(闢雲寺、びゃくうんじ)に強盗が入った。強盗は、お経をあげている和尚に包丁を見せ、金を出すように脅した。

しかし、3年続きの飢饉により、この貧乏寺には金など全く無かった。寺中を探し回る強盗を手伝い、和尚も一緒になってあちこち探してみたが、結局一文も出てこなかった。あきらめた強盗は、貧乏寺に腹を立てながら手ぶらで闢雲寺を出て行った。

しばらく歩いていると、さっきの和尚が走って強盗を追いかけてきた。和尚は、「あれからまた探してみたら、三文も出てきたから」と、そのお金を強盗に差し出した。

強盗は、和尚の優しい心根に触れて久しぶりに温かい気持ちになった。そして、「もう二度と強盗はしない」と、心に誓った。

(紅子 2011-9-12 4:59)


参考URL(1)
http://www1.ocn.ne.jp/~itoku/sekiguti.htm
ナレーション市原悦子
出典山口のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細山口のむかし話(各県のむかし話),山口県小学校教育研究会国語部,日本標準,1973年09月01日,原題「闢雲寺の強とう」,文「古堤八重子」
場所について泰雲寺(闢雲寺)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:泰雲寺(闢雲寺)
追加情報
このお話の評価9.7143 9.71 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/12 4:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 52  件):   <前  1 ..  11  12  13  14  15  16  17  .. 52  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2016/7/27 13:14
お金を渡した和尚の表情が穏やかですね。
『罪を憎んで人を憎まず』とはこのことですね。
華煌  投稿日時 2016/7/16 20:44
おっしゃる通りですね。
初めてこのお話を読んだ時、心がほっこり、温かくなりました。
大好きなお話のひとつです。
ゲスト  投稿日時 2016/1/11 18:56
本当にいい話です。強盗が改心して真っ当になろうとしてくれて心が救われました。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

52 人のユーザが現在オンラインです。 (35 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)