No.0018
たにしちょうじゃ
たにし長者
高ヒット
放送回:0009-B  放送日:1975年03月04日(昭和50年03月04日)
演出:藤本四郎  文芸:平見修二  美術:藤本四郎  作画:樋口雅一
岩手県 ) 33030hit
あらすじ

子どものない夫婦は、毎日水神さまに子どもを授かれるようにとお祈りしていた。するとある日、おかみさんが産気づいたが、産まれた子どもはなんとたにしだった。それでも夫婦は水神さまからの授かりものと思って大事に育てた。そして20年の歳月が流れ、二人はすっかり年をとってしまったが、たにしはたにしのままだった。

しかしある日突然、たにしが二人を楽にしてやると言うので、たにしに言われるままに、長者さまに納める年貢の米俵を馬にのせて、米俵の上にたにしをのせた。たにしは上手に馬を操り、長者もすっかり感心して、自分の娘の婿にならないかと言う。たにしは喜んで承知したが、長者の娘の内、姉のほうは、たにしの嫁になんかならねえと怒ってしまう。ところが妹のほうは、水神さまの申し子ならきっと良いことがあるでしょう、と言ってたにしの嫁になることを承知した。

こうして長者の妹娘は夫婦と一緒に暮らして良く働いたので、夫婦もだいぶ楽になった。こうして1年が過ぎ、たにしと嫁は薬師さまのお祭りを見物しに出かけた。嫁は願掛けをしたいからと言って、たにしを田んぼのふちに置いて姿を消した。それを見ていた長者の姉娘はたにしの好きな餌をまき、たくさんのたにしが田んぼからやって来た。姉娘は次に「カラスでてこい、たにしやるぞ」と言うとたくさんのカラスがやってきてたにしをつつきはじめた。

そこへ嫁が戻ってきて、慌ててたにしの上にはいつくばってかばった。すると帯の下のたにしが大きくなり、若者の姿になった。嫁の願いが通じてたにしは立派な若者になったのだった。その後二人は商売をはじめる。たにしの亭主の話が評判となったおかげで店は大繁盛し、たにし長者といわれるようになった。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:58 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第1巻-第003話(発刊日:1976年4月30日)/童音社BOX絵本_第44巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第010巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第5巻-第18話(発刊日:2005年12月19日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第43巻(絵本発刊日:1985年12月15日)/講談社テレビ名作えほん第006巻(発刊日:1977年8月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「岩手県の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「岩手県の昔ばなし」
国際情報社の絵本よりこの話は、人と動物が結婚するという話が、重要な部分になっています。人間が、人間以外の動物と結ばれる話は意外に多く、相手は、この話の主人公のタニシの外に、ツル・ハマグリ・ウサギ・ヘビ・カエルなどがあり、いずれも、人間よりも優れた能力をもつものとして登場してきます。この話のタニシも、水神様のさずかりもので、タニシから若者への変身も、薬師如来のおかげということで、普通の人間よりも、優れたものとして登場してきます。この話は、古い日本の農耕生活と深いかかわりを感じさせますが、同じような話は、朝鮮・中国・インドなどでも知られています。(岩手地方の昔ばなし)
講談社のデラックス版絵本より子供のいない夫婦が、水神様に願掛けて生まれたのが“たにし”。たにしは水神様の申し子なのです。たにしは長じて、珍しがり屋の長者に気に入られ、娘むことなりました。人間が動物と結ばれるという話はいろいろありますが、この話からは、われわれの生活がいかに深く農耕生活に根差していたかが、うかがわれます。相手がたにしと知って嫁入りする娘のやさしさには、おもわずほろっとさせられます。鎮守さまのお祭りの日に、たにしが若者のの姿になれたのも、嫁のやさしい心が鎮守さまに通じたからに違いありません。(岩手地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「岩手地方の昔ばなし」
このお話の評価7.3750 7.38 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:58 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 80  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
ゲスト  投稿日時 2014/4/17 13:21
どんな生き物でも、愛情を持ってしっかり育てればきっとその恩が返ってくるというお話ですね。
匿名希望。  投稿日時 2013/9/7 16:42
たにしが人間になるなんて「カエルと王女」みたい。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)