トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  千葉県 >  仁兵衛じいさんとたぬき
No.0169
にへえじいさんとたぬき
仁兵衛じいさんとたぬき

放送回:0105-A  放送日:1977年10月15日(昭和52年10月15日)
演出:菊田武勝  文芸:沖島勲  美術:宮本清司  作画:菊田武勝
要調査 / 千葉県 ) 7162hit
あらすじ

千葉のむかし話(日本標準,1973年12月01日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

昔、あるところに仁兵衛という爺さんが住んでいて、毎年十一月末になると裏山に小屋がけして、一年分の炭を焼いていました。

ある年の雪が降りそうな寒い夜、仁兵衛が飯のおかずのメザシを焼いていると、子連れのタヌキがやって来ました。仁兵衛がメザシの頭を投げてやると、親ダヌキは走り寄ってきてそれを子ダヌキたちに分けてやりました。感心した仁兵衛は、残りのメザシを全部投げてあげると、横からもっと大きな古タヌキが走ってきて全部さらって逃げていきました。

その晩、仁兵衛が眠りにつこうとすると、何やら臭いにおいのする一人の男の子が小屋に入ってきました。男の子が「良いにおいがするなあ」と鼻をひくひくさせてメザシをねだるので、「明日になったら持ってきてやるよ」と言って、その晩は帰らせました。

しばらくすると、今度は可愛らしい女の子がやってきました。女の子は「4匹の子供がメザシを喜んだのに、意地悪な古ダヌキに全部横取りされてしまった」と、とても悔しそうに言いました。仁兵衛はますます親ダヌキが可哀そうになって、明日はもっと沢山のメザシを用意してあげる、と約束しました。

さて次の晩、仁兵衛がまたメザシを焼いていると、くさい男の子がやってきたので、こっそり囲炉裏(いろり)にドングリを一掴みくべました。すると、火にはじけたどんぐりが男の子の股に当たり、意地悪な古ダヌキは悲鳴をあげて逃げていきました。仁兵衛は、後からやってきた女の子に全部のメザシをあげました。

その晩、仁兵衛が布団に入りウトウトしていると、小屋が地震みたいに揺れて臭いにおいとともに、古ダヌキがやってきました。そのうち屋根に大穴をあけて、くせえくせえションベンをシューッとひっかけました。何しろ古ダヌキは、体もションベンもそりゃあ並みの臭さじゃなかったそうです。

(紅子 2012-1-27 23:27)


ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
出典詳細千葉のむかし話(千葉のむかし話編集委員会,日本標準,1973年12月01日)舞台は隅田川近くの今戸との事。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/27 23:27 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 15  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 15  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
beniko  投稿日時 2011/7/25 0:09
情報ありがとうございました。早速、地域分類を千葉にしました。
ゲスト  投稿日時 2011/7/24 23:15
千葉県の話ならしいです。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)