トップページ >  お話データベース >  沖縄県 >  無人島に流された男
No.0151
むじんとうにながされたおとこ
無人島に流された男

放送回:0093-B  放送日:1977年07月16日(昭和52年07月16日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:サキスタジオ  作画:高橋信也
沖縄県 ) 11126hit
あらすじ

むかし、八重山群島の1つ、黒島に多良間真牛(たらま まうし:たらまもうし)という男が住んでいた。

真牛はある日、西表島(いりおもてじま)の田んぼに苗を植えるため、種籾(たねもみ)を舟に積んで黒島を出た。この黒島では米が取れないので、人々は舟で西表島まで行き、そこで田んぼを作っていたのだ。

ところが、途中で台風が真牛の舟を襲い、舟は転覆し、真牛は海の中へ投げ出されてしまった。真牛は、種籾の入った木箱にしがみ付き海を漂流した。数時間後流木を見つけ、今度はこの流木に乗って更に7日間流された後、真牛は無人島に流れ着いた。

無人島にはバナナ、パパイヤなどの果物が豊富で、また海岸の浅瀬で魚を取ることもでき、ひとまず食べ物に困ることはなかった。そこで、真牛は木を切り倒して小屋を作り、海で採ったシャコ貝をなべ代わりに使って生活した。さらに、持ってきた種籾を植えて、米のご飯も食べられるようになった。こうして無人島での快適な生活が始まった。

ところが、真牛にとって一番の苦痛は、誰も言葉をしゃべる相手がいないということだった。仕方がないので、真牛は時々鳥や魚たちに向かって話しかけていた。そうしている間に10年の歳月が瞬く間に過ぎていった。

10年目のある日、無人島の沖に1艘の帆船が通りかかった。真牛は浜辺に出て、声の限りに叫び、助けを求めた。しかし帆船は真牛には気がつかず、通り過ぎて行ってしまった。真牛は、砂浜で声を上げて泣いた。

それからさらに3年が過ぎた。このごろでは、真牛は日夜神さまに祈り、心の救いを求めていた。すると3年目のある日、真牛の夢枕に白髪の老人が立ち、こう告げた。

「明日の朝、海に入り、背の届くところまで進むがよい。海の使いがそちを生まれ故郷まで運ぶであろう。ゆめ疑うことなかれ。」

真牛は目が覚めると、不思議に思いながらも夢のお告げのとおり海に入り、背の届く辺りまで歩いていった。すると、1匹のフカが真牛の近くに泳いできた。そしてフカは、真牛を背に乗せると、ものすごい勢いで海を走り始めた。

フカは浅瀬まで来ると、真牛を降し再び海の中へ消えてしまった。気がついてみれば、そこは真牛の生まれ故郷、黒島の海岸だった。真牛は神様に感謝して13年ぶりに故郷の地に立った。こうして、真牛は妻子と再会を果たすことが出来た。

今でもこの島の人たちは、この事を覚えていてフカの肉を食べないそうだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-10-22 17:19 )


参考URL(1)
http://www.kentoushi.com/home/history/densetsu/kuroshima/ku_densetsu.php
ナレーション市原悦子
出典伊波南哲(未来社刊)より
出典詳細沖縄の民話(日本の民話11),伊波南哲,未来社,1958年08月15日,原題「無人島に流された男」,採集者「喜舎場永珣」
場所について黒島(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:黒島(地図は適当)
追加情報
このお話の評価6.5000 6.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/22 19:03 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 16  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 16  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)