No.1466
いぶりやま
飯降山
高ヒット
放送回:0948-B  放送日:1994年08月27日(平成06年08月27日)
演出:いがらしみきお  文芸:いがらしみきお  美術:小出英男  作画:柏木郷子
福井県 ) 151906hit
あらすじ

昔、三人の尼さんが山に入って修行をしていました。

山には住む家もなく、殺生も禁じられているので、食べるものと言えば草や木の実などでした。三人は励まし合いながら、助け合って過ごしていました。

中でも一番年上の尼さんは、笑顔の素晴らしい方で、信仰に生きるとはこんなに素晴らしいのかと感心するほどでした。

ある時、不思議なことに空からおにぎりが3つ降りてきました。きっと、自分たちの日頃の精進のご褒美として、神様がお恵みくださったのだろうと考えて、感謝してありがたく食べました。

それからも毎日毎日、空からおにぎりが降ってきました。しかし、一人1個のおにぎりだけでは物足りなくなり、もっともっとおにぎりを食べたいと考えるようになりました。

ある時、年上の尼さんがもう一人の尼さんと結託し、二人で年下の尼さんを殺しました。これで「おにぎりの分け前が増えるハズ」とワクワクしながら、おにぎりの降る場所へ行ってみると、その日からおにぎりは2個しか降ってこなくなりました。

やがて、もう一人の尼さんが仲間の尼さんを殺したことを悔いるようになりました。一番年上の尼さんは、その尼さんを殺しました。「これでおにぎりを独り占めできるかもしれない」と、おにぎりの降る場所へ行ってみると、それ以来おにぎりが降ってくることはありませんでした。

年上の尼さんは、飢えてよろよろになって山を下りました。こういった話から、この山を「飯降山」というようになりました。

(紅子 2013-9-13 18:19)


ナレーション常田富士男
出典杉原丈夫(未来社刊)より
出典詳細若狭・越前の民話 第二集(日本の民話73),杉原丈夫、石崎直義,未来社,1978年12月15日,原題「飯降山」,採録地「大野市」,再話「杉原丈夫」
場所について福井県福井市の飯降山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:福井県福井市の飯降山
追加情報
このお話の評価4.4789 4.48 (投票数 71) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/13 18:19 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 26  件):   <前  1 ..  20  21  22  23  24  25  26  次>
コメント一覧
7件表示 (全27件)
まこと  投稿日時 2013/9/16 16:34
人が追いつめられておかしくなるのが、放送当時こどもだった自分にも伝わってきて恐怖でした。
ビアンカ  投稿日時 2013/4/7 22:12 | 最終変更
本当に恐ろしい・・
人間の欲望、悪の肯定・・。
死んだ人間より生きた人間のほうが怖いよ。
たまきち  投稿日時 2013/4/1 7:50 | 最終変更
食べ物のうらみは恐ろしい…(~_~;)
ゲスト  投稿日時 2012/6/16 13:10
年長の尼が、木こりのおじさんに近づきながら言った言葉は、
「やはりあなたでしたか・・・私ですよー」の一言。
特に怖いセリフではないけれども、この話のラスト、インパクト強いですよね・・・。
最後、ニカッと笑いながら手を合わせる尼の顔が薄気味悪かった・・・。
ゲスト  投稿日時 2012/6/14 0:23 | 最終変更
このおはなし、人間の欲って怖いと思いました。
最初に木こりのおじさんが三人の尼さんに会って、それから木こりのおじさんの語りだったと思います。

・木こり尼さん達に会う(頑張ってね)
・尼さんたちの様子を木こりさんが仕事しながら見ている(頑張ってるな)
<ぶっちゃけ、山菜とるのキツイ。>
~おにぎりが降ってくるようになる~
<神仏からのご褒美ね!>
・山菜が減っていないことに気づき始める(あれ?どうしたのかな)
<もっとご飯が欲しい>
~お肉誰かが食べたよ事件(鳥が焼かれた残骸発見)~
<こんなことをするのは中年の尼に違いないと責める若い尼(`・ω・´)>
<喧嘩勃発。年長の尼仲裁。からのー>
<年長と中年の尼が共謀して若い尼を殺害>
<これで一人あたりの食べられる量が増えるね(^言^)(^言^)>
<次の日からおにぎり二つに>
<二人ともしょんぼり>

・二人になっててどうしたのかと訪ねたら、年若い尼は修行が辛くなって山を降りたと言われる(え、そうなの?一番頑張ってたのに)
・山菜が減っていないことを不思議に思い始める(一体何を食べてるんだろう)

<年若い尼を殺した事を後悔し始める中年の尼>
<彼女には申し訳ないことをしてしまった(つд⊂)>
<彼女の分も生きましょう。供養を勧める年長の尼>
<と見せかけて中年の尼を年長の尼が殺害>
<独り占めひゃっほー!(^言^)>
<でも、おにぎりは降ってこなくなった>
<そんな・・・Σ(゚д゚lll)>

・冬になる(尼さんたち大丈夫かなぁ)
・春になって、尼さん達はどうしたろうかと思っていたら

木こりのおじさんのところに、一番年長の尼さんが
まるで山姥のようになって現れ木こりのおじさんは愕然としたと記憶しています。

年長の尼さんが木こりのおじさんに近づきながら何かを言うんですけど、
台詞は今となっては覚えていませんが、それにぞっとしました。
マニアック  投稿日時 2011/11/18 21:17
レギュラー放送の新作終了後も、番組の方は、エンドマークも再放送マークもつかずに、そのまま継続された。前年からの初期の頃の再放送が、前・後編とも放送された。しかしその構成は、1年と持たず、同年12月の「天福地福」を最後に打ち切られ、それ以降6年間は、また末期の再放送となってしまった。この頃から権利元の許可が、取れていなかったのでしょうか?
マニアック  投稿日時 2011/10/25 21:13
レギュラー放送の最終作!木こりの男の語りで、物語が展開される。
投稿ツリー
7件表示 (全27件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)