No.1466
いぶりやま
飯降山
高ヒット
放送回:0948-B  放送日:1994年08月27日(平成06年08月27日)
演出:いがらしみきお  文芸:いがらしみきお  美術:小出英男  作画:柏木郷子
福井県 ) 258095hit
あらすじ

昔、三人の尼さんが山に入って修行をしていました。

山には住む家もなく、殺生も禁じられているので、食べるものと言えば草や木の実などでした。三人は励まし合いながら、助け合って過ごしていました。

中でも一番年上の尼さんは、笑顔の素晴らしい方で、信仰に生きるとはこんなに素晴らしいのかと感心するほどでした。

ある時、不思議なことに空からおにぎりが3つ降りてきました。きっと、自分たちの日頃の精進のご褒美として、神様がお恵みくださったのだろうと考えて、感謝してありがたく食べました。

それからも毎日毎日、空からおにぎりが降ってきました。しかし、一人1個のおにぎりだけでは物足りなくなり、もっともっとおにぎりを食べたいと考えるようになりました。

ある時、年上の尼さんがもう一人の尼さんと結託し、二人で年下の尼さんを殺しました。これで「おにぎりの分け前が増えるハズ」とワクワクしながら、おにぎりの降る場所へ行ってみると、その日からおにぎりは2個しか降ってこなくなりました。

やがて、もう一人の尼さんが仲間の尼さんを殺したことを悔いるようになりました。一番年上の尼さんは、その尼さんを殺しました。「これでおにぎりを独り占めできるかもしれない」と、おにぎりの降る場所へ行ってみると、それ以来おにぎりが降ってくることはありませんでした。

年上の尼さんは、飢えてよろよろになって山を下りました。こういった話から、この山を「飯降山」というようになりました。

(紅子 2013-9-13 18:19)


ナレーション常田富士男
出典杉原丈夫(未来社刊)より
出典詳細若狭・越前の民話 第二集(日本の民話73),杉原丈夫、石崎直義,未来社,1978年12月15日,原題「飯降山」,採録地「大野市」,再話「杉原丈夫」
場所について福井県福井市の飯降山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:福井県福井市の飯降山
追加情報
このお話の評価4.9231 4.92 (投票数 78) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/13 18:19 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1 ..  19  20  21  22  23  24  25  次>
コメント一覧
10件表示 (全39件)
おむすび  投稿日時 2019/9/9 2:42 | 最終変更
地元では(数十年前ですが)小学6年生の遠足が飯降山登山でした。先日BS で放送されたのを観て初めてこの伝説を知りました。
当時、この話を知ってたら、怖くて頂上でお弁当食べれませんでしたね。
ゆさ  投稿日時 2019/7/9 19:45
「欲」に「信仰」が負けてしまった話だろうか。いや違う。
「欲」が「信仰」にすり替えられてしまった話だ。生き続けることが御仏に近づく事、という身勝手な理論に基づいて。

だからこそ、一番信仰心の厚かった尼が、その信仰心に従って、何のためらいもなく、人殺しをやってのける事ができたのだ。

現代でもしばしば議論される信仰の危うさについて、昔ばなしの時代からテーマとしていたことに驚いた。
おむすび  投稿日時 2019/7/6 13:32
「おにぎり1個ごときで殺めるな」
それは飽食の時代ならではの見解です。
飢えるという原始的な追い込まれ方をされたら、先に尼を辞めれば…なんて悠長な選択肢は出てこないと思います。飢餓状態なのですから。
一番年上の尼さんの「生き続けることが一番仏に近づく方法だと思うのです」という言葉が焦点だと感じました。
「命を生かすこと」
生物の最優先される抗えない本能。それに人間の理性はどこまで耐えられるのか。
過去の事例として、遭難船でもカニバリズムは起こります。
自制心を鍛える修行…大災害が起こる時にどれだけの人が本当に助け合えるのか…難しい問題ですね。
ゲスト  投稿日時 2019/6/29 8:16
舟幽霊の話とかイワナの怪とか、結構な頻度で胸くそ悪い話が混ざってるんですよねこのシリーズ
ゲスト  投稿日時 2019/6/20 0:20
殺したあとには落ちてこなくなったっていうなら時間的におかしくない?
一人殺したら大分しのげる気がする。鶏肉じゃないんだし。
励ましあって助け合うことがお結びなんだと思う。
人はパンのみにて生くるにあらずっていう話だと思う。
罪を後悔しようとすまいと人は関わり無くしては生きていけない。
たとえ憎しみ遭う関係でもその相手がいなければ、生きていけないっていうことかなって思った。
要するに  投稿日時 2019/6/5 10:04
「おむすび」という罠を仕掛け修行の邪魔をしようとした悪がいて、まんまとひっかかってしまった。
一旦火がついた食欲から、焼き鳥を食うという間違いをおかして、仲間を疑う、裏切るという事をしてしまった。
おむすびは黄泉の国からの呼びかけみたいなもので、妨害の手法なのでしょう。
おむすびだけ食べて、焼き鳥を食わなきゃ良かったのだと思いますが、難しいのでしょうね。
(鳥は殺生しなきゃ食えません。)
ゲスト  投稿日時 2019/6/5 9:46
この物語から仕事や家族を連想するというのも変ですね。
尼さんが山で修行する内に仲間割れするって話ですよ。
空腹を満たす為に仲間を裏切るってところから、家族を食わす為に知り合いや友人を裏切るって事で家族や仕事を連想されたのかもしれませんね。
しんちゃん  投稿日時 2019/6/2 6:36
何の予備知識もないまま、家族で観ました(YouTube)。どう言う話の展開かわからないまま観ていると、どうも若い尼さんを殺めたらしい。えっ? これって日本昔話でねえの? ハッピーなんでねえの? と。でもまた一人やっちまった…。観ている子供達もそうですが、親の私たちも「このまま子供達に見せていいものか」と思ったりも。信仰心(精神)と現実(空腹欲)をどう子供達に伝えたものかと迷いもしました。人間のサガという十字架、生きることと食べていくこと、広くは仕事と家庭の両立。バランスよく生きていく事の難しさを感じました。
めがね  投稿日時 2019/6/1 12:40
欲なのでしょうね。信仰を忘れてしまっては、元も子もないです。
ゲスト  投稿日時 2019/6/1 0:52
テーマは信仰
信仰とは現実で満たされないことを埋めるもの
要は折り合いをつけること
祈り合うこと
そしてそれは一人では出来ないもの
そういうお話ではないでしょうか
投稿ツリー
10件表示 (全39件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)