No.0146
かっぱのふち
かっぱの淵

放送回:0090-A  放送日:1977年06月25日(昭和52年06月25日)
演出:漉田実  文芸:漉田実  美術:下道一範  作画:上口照人
岩手県 ) 9340hit
あらすじ

昔、岩手の八戸(はちのへ)あたりに八太郎沼(はちろうぬま)という、ひっそりとした沼があった。

ある日の事、一人の男が八太郎沼のそばを通りかかると、淵の底から「のののののののー」という音とともに、沼からお公家様の身なりをした美男子があらわれた。

公家の男は「この文を、八戸の勘太郎堤(かんたろうづつみ)に住む、わしの仲間の所へ届けてくれ。」と頼み、手紙を男に差し出した。男は、淵から出てきた男を不審に思いながらも手紙を受け取り、その仲間の所へ向かった。

途中、山伏とすれ違った。山伏は男の顔を見るなり「おぬしが持っている手紙から殺気を感じる」と言った。驚いた男は、不気味な淵の前であった出来事などを山伏に打ち明けた。

山伏が手紙を開いてみると、手紙には何も書かれていない白紙だった。山伏が、手紙を川の水に浸してみると、文字が浮かび上がり「このおとこは、うまそうだから食ってしまえ。」と書かれた、かっぱの手紙だった。

怖がる男に、山伏が一計を案じた。山伏は、かぼちゃ畑からかぼちゃの茎(くき)を抜き取り、それを筆にして「この男に宝物をあげてくれ。」と、紙に書いた。そして男に新しい手紙を渡し、山伏は去って行った。

男は、どうにか勘太郎堤にたどり着き、公家の男に言われた通りに、手をパンパンと三回うった。すると、沼の中から今度は小姓の身なりをした男があらわれた。小姓は、受け取った手紙を読み、不審そうな顔をしながら宝物の玉手箱を投げよこした。

玉手箱の中には、たくさんの金銀財宝が入っていので、男は長者になった。さて宝物をあげた小姓のかっぱは、どうも納得できないので、公家のかっぱに聞いてみた。しかし、公家のカッパは覚えがないので、やがて大げんかになってしまった。

この時から、カッパたちは喧嘩別れしてしまい、それからというものどちらの沼でも人がカッパに襲われなくなった。

(投稿者: マニアック 投稿日時 2011-8-1 22:56 )


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第28巻-第139話(発刊日:1979年1月30日)
サラ文庫の絵本よりかっぱは水中にすむ妖怪で、キュウリが大好物。また、相撲がすきで、人間の子どもたちと勝負したりすることもあります(かっぱのくれた妙薬)。いたずらずきで、よく人や馬を水のなかに引きずりこんだりしますが、鬼や山姥ほどにはおそろしくなく、どこかトボけたところがあるようです。かっぱのよび名は、全国各地でまちまちです。カワランベ(河の童子のいみ)とよばれたり、エンコウ(動物にあてたもの)、スイジン(水の神のいみ)などといわれることもあります。もちろん、想像上の生き物ですから、実在しないことになっています。けれども、いまでも、「かっぱのミイラ」とか「かっぱの詫証文」とかよばれるものが、のこっている地方もあるそうです。(かっこ枠なし)
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/2 0:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 80  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)