No.1454
しゅのばん
しゅのばん

放送回:0936-B  放送日:1994年06月04日(平成06年06月04日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲(シナリオ大久保新)  美術:門屋達郎  作画:若林常夫
福島県 ) 16769hit
あらすじ

昔ある所に、なんとなく生きている男がいました。なんとなく生まれてなんとなく育って、なんとなく大工になってなんとなく嫁をもらって、なんとなく毎日を仕事して暮らしていました。

男は毎晩、客がいなくなる頃になると飲み屋に行って、なんとなく女将を口説きやんわりと断られる日々を過ごしていました。ある晩、男はいつものように飲み屋を訪れるも、女将は返事もしないし振り向きもしませんでした。

何かただ事ではない気配を感じた男に「お前さんが一晩中飲み明かしたい相手って、この私かい?」と、真っ赤な顔をした化け物が振り返りました。その顔は、角と牙をはやし大きな目はぎろりとむいて、なんとも恐ろしい赤鬼の顔でした。男ははじかれたように飛び上がり、店から悲鳴を上げて逃げ出しました。

息をきらせてもう一軒のなじみの飲み屋に駆け込むと、そこにもさっきの恐ろしい顔した赤鬼の化け物がいました。「しゅのばーん!」赤鬼が金切り声で叫ぶと、あまりの恐ろしさに男は腰を抜かして地面を這って逃げ出しました。

やっとこさ自宅に帰りつくと、そこにはいつもの優しい顔をした女房が待っていました。女房もしゅのばんになってしまったかと疑いましたが、女房だけはいつもの女房でした。次の日から、男はぷっつりと飲み屋通いをやめ、女房のために働こうと、大工仕事に精を出すようになりました。

(紅子 2012-4-21 22:12)


ナレーション常田富士男
出典福島の昔話(三丘社刊)より
出典詳細里の語りべ聞き書き 第15巻,川内彩友美,三丘社,1993年08月15日,原題「会津の首番」
場所について諏訪神社(しゅのばんがよく出たという神社)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:諏訪神社(しゅのばんがよく出たという神社)
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第4巻_ひゃ~、化け物だ(発刊日:1995年7月25日)
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/4/21 22:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  41  42  43  44  45  46  47  次>
コメント一覧
6件表示 (全6件)
匿名希望  投稿日時 2013/6/5 11:11
おいてけ堀とキャラかぶったストーリーですね。
beniko  投稿日時 2011/11/15 18:05
後者の諏訪神社にマッピングしました。地図上で現存しているところの固有名詞があったほうが何かと実感がわきますので、独断でそうさせてもらいました。よろしくおねがいします。
araya  投稿日時 2011/11/15 2:42
まんが日本昔ばなしの原作は分かりかねますが、福島の話とのことで、水木しげるの妖怪図鑑によると、朱の盤は奥州会津の諏訪の宮での話とあります。住所としては、福島県喜多方市塩川町常世諏訪宮。会津地方北部になりますね。そして、よく出現したとされるのが諏訪神社の辺り。座標では下記になります。

37.617078,139.924347 か 37.63457,139.922813

前者は住所としての諏訪宮、後者は神社としての諏訪神社。前者には神社はありませんが、最寄りのバス停の「諏訪殿」や地名の「諏訪宮」や田んぼの中の森が示すように何かしらの御社があった可能性もあり、明治期以降に何かの理由で北の諏訪神社と合祀か遷座された可能性も考えられますので、ひとまずは前者の方でよろしいかと考えます。

ちなみに、朱の盤の大元の話は下記のようなものになりますね。

http://home.att.ne.jp/red/sronin/_koten/0552shunoban.htm
beniko  投稿日時 2011/11/15 1:00
はい!これちょっと違う内容のあらすじのようでしたでの、一時削除しました。
しゅのばんは、ゲゲゲの鬼太郎にも登場していた妖怪キャラだったんですね。紅子は、この昔話でしか扱われなかったマイナー妖怪かと思っていましたが、有名妖怪だったんですね。
araya  投稿日時 2011/11/14 22:28
同意。現代風にいえば、妻をほったらかして仕事帰りにキャバクラをハシゴする亭主が、飲んだ先々で「朱の盤」という怪異に遭遇しまくり、逃げ込んだ先の妻の顔にホッとして、最後は心を入れ替えるって話でしたね。

朱の盤に魅入られた後の展開は「おいてけ堀」に近いですが、いまだに出現した経緯がよく分からない話ですわ(^_^)。飲んだくれ亭主を懲らしめるために、妻が生霊となって乗り移ったのか、ナマハゲみたいな神が戒めに現れたのか、全く別の愉快犯な妖怪だったのか。突飛な登場で戸惑いましたw
マニアック  投稿日時 2011/11/14 20:29
ちょっと待った!テレビとストーリーが、違うぞ。なんとなく生まれて、なんとなく大工になった男が、しゅのばんに会ってから、酒をプッツリとやめ、女房のために仕事に専念するようになった。なんて話じゃなかったっけ?
投稿ツリー
6件表示 (全6件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

54 人のユーザが現在オンラインです。 (42 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)