Re: しゅのばん

しゅのばん についてのコメント&レビュー投稿
昔ある所に、なんとなく生きている男がいました。なんとなく生まれてなんとなく育って、なんとなく大工になってなんとなく嫁をもらって、なんとなく毎日を仕事して暮らしていました...…全文を見る

Re: しゅのばん

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/4/7 22:58
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
「朱の盤」の昔話は、未来社の「福島の民話・第二集」(片平幸三編)にも収録されています。
ただし、アニメのストーリーとはまったく違っています。
「慶長年間、関ヶ原の戦いの前夜。会津若松城主・上杉景勝は徳川家康と敵対し、石田三成と組んで西軍側につきました。
その時、居城の鶴ヶ城の守りが不利であると考えて、西の阿賀川沿いの土地に神指城を築き始めました。
たくさんの人夫が築城のために若松の町に集まりましたが、毎晩のように諏訪神社の境内に朱の盤という化け物が出没するという噂が広まります。
これを聞いた山田角之進という侍が、化け物退治のため諏訪神社の森に出かけました。」
以下はアニメと同じような展開で、あちこちで人間に化けた朱の盤におどかされて、ほうほうのていで逃げ帰り、とうとう病気になってしまったというオチです。
会津若松市本町2-50に鎮座する諏方神社は、鶴ヶ城の西北に位置し、会津藩祖・保科正之公も尊崇した会津大鎮守六社のひとつです。
そこからさらに西北にあたる会津若松市神指町本丸が、神指城の城跡です。
アニメのもとになった昔話や「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる「しゅのばん」は喜多方市の諏訪宮に出没したらしいですが、このふたつの神社の間にはどのような関係があるのでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)