No.1400
かっといし
かっと石

放送回:0890-A  放送日:1993年05月29日(平成05年05月29日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲(シナリオ西川つかさ)  美術:青木稔  作画:朝倉隆
石川県 ) 6719hit
あらすじ

昔、石川の熊木というところに清作というたいそう臆病な男がおった。

清作は夜に一人で便所にも行けんほどであり、昼は昼で野良仕事中に出てくるヘビやモグラなどにも腰を抜かすほどであった。そのために田畑を耕すのも人の倍以上かかり生活は苦しくなる一方であった。

ある夜のこと。清作の夢枕に二の谷の神様が現れた。今すぐに一人で、二の谷の「かっと石」のところまで来いと言うのである。しかし臆病な清作にそんなことができるはずもなかった。

しかし次の日も二の谷の神様は現れた。清作が「かっと石とはどのような石なのか」と神様に聞いてみると、「来ればわかる」とだけ答えて神様は消えた。その日、清作はまさかりを持って出発し、二の谷のせせらぎが聞こえるところに奇妙な形をした大きな石を見つけた。

清作が近づいてみると、その石は大きくかっと口を開き、そこから黄金のにわとりが出てきた。「これは神様が下さったご褒美に違いない」と思った清作は、まさかりを持って黄金のにわとりに近づいて行った。

しかし黄金のにわとりは「コケッコー、まさかりはダメよ」と言いながら、再び「かっと石」の中へと消えて行った。口を閉じてしまった「かっと石」を見て清作はまさかりで「かっと石」を割って、黄金のにわとりを取り出そうと考えた。

その時、「かっと石」から強い光が出てまさかりが燃えてしまった。あたりは真っ暗となり、清作は気を失ってしまった。清作があまりにも臆病なので、神様が清作の臆病を治そうとしてくださったのだが、清作がまさかりに頼りすぎていたので、神様はお怒りになったのかもしれない。

その後清作は黄金のにわとりが忘れられず、いつかまた「かっと石」のところへ行こうと思い、夜の便所も一人で行くようになり、臆病の虫を追い出そうと努力したということである。

また石川県の熊木にある「かっと石」は、今も人々に大事にされているということである。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/3/1 20:04)


ナレーション市原悦子
出典清酒時男(未来社刊)より
出典詳細加賀・能登の民話 第一集(日本の民話21),清酒時男,未来社,1959年08月31日,原題「不思議な石 その三」,鹿島郡誌より
場所について熊木のカット石(大きさ約2m)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:熊木のカット石(大きさ約2m)
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/3/1 23:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  21  22  23  24  25  26  27  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
araya  投稿日時 2011/12/2 0:24
『加賀・能登の民話』(清酒時男,未来社)によると熊木の横田とあり、『石川の伝説』(角川書店)では、二の谷の谷川・大谷川に沿って林道を2kmほど入ると、左側の急斜面にある、高さが2mばかりの大岩がカット石だと紹介されてました。
地図を見ますと、横田に両サイドが急な谷となっていて、道の終端が不自然に何もないところがありますので、下記のポイントがカット石ではないかと推察します。地図上では谷川があるかどうか定かではないのですが、能登有料道路を挟んだ下で川が出現していますし、道路下の暗渠を谷川が流れて下につながっている可能性は高いですね。ただ、確認のためにも現地の人による情報提供を期待したいところですわ(^Д^;。

かっと石 http://g.co/maps/wvfu5
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)