No.1399
ほていさん
ほていさん

放送回:0889-A  放送日:1993年05月22日(平成05年05月22日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:大島利恵
鹿児島県 ) 6482hit
あらすじ

昔、沖に鬼ケ島をのぞむ海辺のある村に、五分一(ごぶいち)どんという男がいた。

この五分一どん、その名の通り身長が普通の人の五分の一ほどしかなかったので、いつも村の衆から小男、小男と言われ馬鹿にされていた。それで悔しい思いをしていた五分一どん、いつか村の衆を見返してやろうと思っていた。

そんなある日、村の衆が集まり酒盛りをしていた。この席で五分一どんは、鬼ケ島には打出の小槌という宝があり、これさえあれば何でも望みがかなうという話を小耳にはさむ。そこで五分一どん、その打出の小槌を自分が持って帰って来て、皆をあっと言わせてやろうと決心。

五分一どんは早速恐ろしい鬼ケ島へと向かう。鬼ケ島に着くと、人間の匂いを嗅ぎつけた鬼どもが、すぐに近くに寄ってきた。恐ろしかった五分一どんだったが、機転を利かせて四つん這いになり、妙な声で鳴いてみせた。すると鬼どもは、小さな五分一どんを見てこれを人間とは思わず、珍しい生き物だと思い床の間に置いた。

こうしてまんまと鬼どもの屋敷に入った五分一どんは、打出の小槌を手に取ると、一目散に逃げ出した。ところがこれに気づいた鬼どもが後から追いかけてくる。そこで五分一どんは打出の小槌を振り、自分の体を怪力を持つ大男に変えて、追ってくる鬼どもをコテンパンにやっつけてしまった。

五分一どんは意気揚々と村に帰り、村人に打出の小槌を見せた。すると、村人は小槌から大判小判を出してくれと五分一どんにせがみ、ついには出てきた小判をめぐって取り合いをする始末。この醜態を見た五分一どん、こんな物を人間が持っていてはロクな事にならないと考え、打出の小槌を大黒様に預けることにした。

そこで五分一どんが大黒様の社の前でこれまでの経緯を話すと、社の中から大黒様が現れた。大黒様は五分一どんの誠意を褒め、七福神の一人になるように言う。こうして五分一どんは福の神の仲間入りをして、その名も布袋様と名付けられたということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-5-29 7:43)


ナレーション市原悦子
出典下野敏見(未来社刊)より
出典詳細種子島の民話 第二集(日本の民話34),下野敏見,未来社,1962年11月25日,原題「ほていさん」,採録地「西之表市上石寺」,話者「遠藤友二」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/29 7:43 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  32  33  34  35  36  37  38  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
匿名希望  投稿日時 2014/11/17 15:37
ストーリーが、桃太郎とキャラかぶってる。
ゲスト  投稿日時 2013/7/10 17:56
日本の民話24 種子島篇 第二集 下野敏見編に載っていました。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

60 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)