トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  新潟県 >  ドボンガボン
No.1397
どぼんがぼん
ドボンガボン

放送回:0888-A  放送日:1993年05月15日(平成05年05月15日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:若林常夫
新潟県 ) 7508hit
爺さんと婆さんと坊さんとで、ぼた餅の取り合い

昔ある所に、爺さんと婆さんがいて、久しぶりにぼた餅を作って食べようとしていました。

二つ作ったぼた餅の餡子(あんこ)の量は、ちょっとばかり婆さんの方が多かったので、二人はぼた餅の取り合いをしていました。ちょうどその時、旅の坊さんが一晩の宿を求めてやってきました。

二人は急いで納戸の中にぼた餅を隠して、素知らぬ顔してお坊さんを迎え入れました。そして、夜中に坊さんが寝込んでいるうちに、こっそりと二人だけでぼた餅を食べようと示し合わせました。

夜も更けた頃、婆さんは、爺さんを起こすつもりが、隣に寝ていた坊さんを起こしてしまいました。坊さんを起こした事に気が付かず、婆さんは暗闇の中でぼた餅を手渡しました。

まさに坊さんの口にぼた餅が入ろうとした瞬間、爺さんが「それは俺のぼた餅だ!」と飛び起きました。坊さんは、ぼた餅を持ったまま家から逃げ出し、爺さんはやみ夜の中を墓場まで走っていきました。

坊さんを追い詰めた爺さんは、投げ縄よろしく坊さんを縛り上げ、井戸の中へ投げ込みました。爺さんは「井戸の中へドボンしてでも、ぼた餅が喰いたいのか?」と言いながら、坊さんを水攻めにしました。

爺さんは「ドボンが良いか?ガボンがいいか?ドボンガボン」と言いながら、何度も何度も坊さんを水につけたり上げたりしました。すると坊さんは、墓石に姿を変えました。

それを見た爺さんは驚き恐怖におののきましたが、なんとこれは全部夢でした。この話を聞いた婆さんは「餡子の量でもめたりするから変な夢をみるんじゃ」と笑い飛ばしました。

それからも二人は小さい喧嘩をしたりもしましたが、おおよそ仲良く暮らしましたとさ。

(紅子 2013-8-3 18:08)


ナレーション常田富士男
出典新潟の昔ばなし(三丘社刊)より
出典詳細里の語りべ聞き書き 第12巻,川内彩友美,三丘社,1992年09月10日,原題「座頭とぼた餅」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/8/3 18:08 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  72  73  74  75  76  77  78  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
マニアック  投稿日時 2011/11/14 19:54
ここにも、かくれたキャラを発見!お坊さんとして登場した、よく笑う男は若林作品に度々登場。ちょっと笑いすぎだね。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)