トップページ >  お話データベース >  ある所 >  カサ売りお花
No.1382
かさうりおはな
カサ売りお花

放送回:0878-A  放送日:1993年02月20日(平成05年02月20日)
演出:前田こうせい  文芸:沖島勲  美術:前田こうせい  作画:前田こうせい
ある所 ) 16511hit
傘を売り歩く少女と河童の化け物の話

昔、ある所にお花という傘を売って歩く働き者の女の子がいました。雨の日も風の日も、両親が作った傘を売り歩いていましたが、雨の降らない日は傘は売れないのでいつも帰りが遅くなってしまうのでした。

ある夜の事、帰り道を急いで歩いていたお花に、体の大きな婆様が話しかけてきました。暗い道が怖かったお花はホッとして、しばらく一緒に歩いていましたが、婆様の手足にうろこが付いている事に気が付きました。この婆様は女川(めかわ)の主の河童の化け物だったのです。

慌てて走り出したお花を捕まえようと、化け物も正体を現して猛スピードで追いかけてきました。命からがら塩たき小屋にかけ込んだお花は、塩カゴの中にかくまってもらいました。さらに塩たき爺さんは、お花の回りにたくさんの魔除けの塩をまいてくれました。

化け物が、塩に触れないように体を長くのばしてお花に近づこうとしたその時、塩たき爺さんは高く積み上げていた塩カゴを引き倒しました。大量の塩が化け物に降りかかると、化け物の体が半分溶けてしまい、残った足だけが真っ暗な夜道を逃げていきました。

こんな事もあって、お花と塩たき爺さんの話は評判となり、お花の傘は良く売れるようになりました。

(紅子 2012-1-24 0:25)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第6集(DVD第30巻)
VHS情報VHS-BOX第4集(VHS第39巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第3巻_妖怪がでるぞ~(発刊日:1994年7月25日)
このお話の評価8.3636 8.36 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/24 0:25 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  59  60  61  62  63  64  65  .. 68  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ヒラリー  投稿日時 2015/8/20 12:52
小さい頃初めて日本昔話で見たのがこのカサ売りお花で、あまりの怖さにビビり散らしたのを思い出しました。最初塩が効かない(触れなければ何てことはないとカッパが言っていた)って事が衝撃的すぎて、「じゃあもう花ちゃん助からないじゃん!」と目をつぶってテレビの前から逃げてしまっていました。
トラウマだったのですが、いつしか題名を忘れてしまい、怖いもの見たさでずっと探していたので、助かりました。大人になった今、頑張って見てみようと思います!
匿名希望  投稿日時 2014/9/1 14:32
「♪あめーふれー、あめーふれー、あっめふりゃかーさがもうかるぞー。」
たまに、お花ちゃんが歌う曲を口ずさむ事があります。
ゲスト  投稿日時 2014/4/10 3:36
黒川の主の正体を知りたい。
情報ありますか?
陸登  投稿日時 2014/4/7 14:42
何か塩たき爺さんが喋るかと思ったら、無口なじじぃだった・・・。
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

61 人のユーザが現在オンラインです。 (42 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)