トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  山梨県 >  栗の木坂のきつね
No.1364
くりのきざかのきつね
栗の木坂のきつね

放送回:0865-B  放送日:1992年10月31日(平成04年10月31日)
演出:三善和彦  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:大島利恵
山梨県 ) 7587hit
あらすじ

昔、山梨のある山あいに、卯吉(うきち)という男が住んでいました。

ある秋の日、卯吉は用事で町へ行くことになりました。卯吉が町までの道途中にある「栗の木坂」にさしかかった時、スヤスヤと眠る一匹のキツネを見つけました。

無防備な姿で寝ているキツネを見て、卯吉はいたずら心で大きな石を投げつけました。頭に大きな石が当たったキツネは、びっくりして山奥へ逃げて行きました。

町での用事をすませた卯吉は、立ち寄った茶店でキツネへの投石の話を面白おかしく話しました。その話を聞いていた茶店のお爺さんは「帰り道は気を付けたほうが良いよ」と、卯吉に忠告しました。

すっかり日が落ちた頃、卯吉は帰り道をほろ酔い気分で歩いていました。栗の木坂にさしかかると、たまたま近くの寺でお弔いが行われていました。卯吉は「こんな所に寺などあったかな?」としばらく様子を見ていると、大勢の死人が墓地から這い出てきました。

驚いた卯吉は、必死でその場から逃げ出しましたが、死人たちは卯吉を追いかけてきました。卯吉は、高い杉の木の上に追い詰められ、死人に足首をつかまれ地面へ落とされてしまいました。

卯吉がハッと気が付くと、あたり一面白い花の咲くソバ畑でした。これまでの事は、栗の木坂のキツネの仕返しだったのです。

(紅子 2013-10-18 0:13)


ナレーション常田富士男
出典山梨のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細山梨のむかし話(各県のむかし話),山梨国語教育研究会,日本標準,1975年06月10日,原題「きつねのあだうち」
場所について栗の木坂(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:栗の木坂(地図は適当)
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/18 0:13 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  24  25  26  27  28  29  30  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
匿名希望。  投稿日時 2013/10/26 13:36
狐が化けた亡者は、まるでゾンビみたい・・・。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

81 人のユーザが現在オンラインです。 (62 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)