No.1317
ちゃつぼ
茶つぼ

放送回:0834-A  放送日:1992年03月07日(平成04年03月07日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:原博
福井県 ) 8448hit
あらすじ

昔、1人の旅のお坊さんが、夕暮れ時にある村を訪れた。

もう日も暮れかかっているので、今日はこの村で一晩の宿を借りようと一軒の家の前に来た。ところが、この村の掟では、用心のため旅人を泊めないことになっていたのだ。仕方がないので、ここの家の主人は、峠の中ほどにある化け物が出ると言われるやぶれ寺に泊まるようお坊さんに言い、何かあったら鐘を突いて知らせるように伝えた。

さて、夜のお勤めも終わりお坊さんが本堂で寝ていると、真夜中になり何やらドシン!!ドシン!!と大きな音がする。お坊さんが起きてみると、なんとそこには茶つぼが飛び跳ねていたのだ。お坊さんは驚いて、「そちは、なんじゃい?なんじゃいのぅ?」と問いただした。

すると茶つぼは、「ワシは寺の茶つぼじゃ。そっちはなんじゃい?なんじゃいのぅ?」と答える。お坊さんはまた言う。「ワシは、寺の和尚じゃ。そっちはなんじゃい?なんじゃいのぅ?」こんな押し問答を続けたあげく、茶つぼは和尚さんに向かって体当たりをしてきたので、2人は取っ組み合いの喧嘩になった。ところが、夜明けになり一番鳥が鳴くと、茶つぼは慌てて縁の下に隠れてしまい姿を見せなくなった。

そこでお坊さんは鐘を突いて村の衆を呼び集めた。村で一番力持ちの為どん(ためどん)が縁の下に入って見てみると、そこにはお坊さんが思ったとおり大きな茶つぼがあった。そして茶つぼを開けてみれば、なんと茶つぼの中からは先代の住職が隠した小判がたくさん出てきたのだ。

人知れず寺の縁の下に隠された小判が、誰かに使ってもらいたくて化けて出たのだった。村人はその後、茶つぼから出てきた小判を使ってお寺を建て直し、この旅のお坊さんを住職に招いた。そしてお坊さんは中興開山の祖となり、寺は末永く栄えたそうだ。

 

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-11-16 11:49)


ナレーション市原悦子
出典杉原丈夫(未来社刊)より
出典詳細越前の民話 第一集(日本の民話44),杉原丈夫、石崎直義,未来社,1968年04月30日,原題「茶つぼ」,話者「山口久三」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.6667 8.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/16 11:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 26  件):   <前  1 ..  19  20  21  22  23  24  25  26  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
じゅりあちゃん  投稿日時 2014/9/15 17:19
 下唇おじさん、名付けてアゴ吉さん(私にとっては下唇ではなく、顎に見えますので)ここにも登場。
匿名希望。  投稿日時 2013/9/8 10:54
下唇のおじさんって、いかりや長介に似てるね!(笑)
マニアック  投稿日時 2011/10/25 20:51
市原さん版の下唇おじさん、第3作目。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)