トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  新潟県 >  主人も猫も鶏も同じ年
No.1307
しゅじんもねこもにわとりもおなじとし
主人も猫も鶏も同じ年

放送回:0825-B  放送日:1991年12月14日(平成03年12月14日)
演出:小熊公晴  文芸:沖島勲  美術:下道一範  作画:朝倉隆
新潟県 ) 8804hit
あらすじ

昔、新潟は十日町のはずれに大変優しい庄屋様が住んでいました。庄屋様は鶏と猫を飼っていました。鶏には「おまえが毎日、時を告げてくれるから、みんなが寝坊しなくて済む。」と感謝し、猫には「おまえがネズミ取りをしてくれるおかげで、米が守られている。」とこれも感謝するのでした。こうして庄屋様に大事にされて、鶏も猫も長生きをしておりました。

ある年のこと。今まで元気だった庄屋様は寝込んでしまいました。その頃、一人の旅の坊様がこの村の近くを通りかかりました。夜になってしまったので、坊様は山の薬師堂で一夜を明かすこととしました。

しばらくして坊様が目を覚ますと、いつの間に来たのか年老いた一人の男が坊様の前に座っておりました。男は下村の庄屋様に飼われている鶏である、と坊様に告げました。坊様が驚いていると男はこう続けます。

庄屋様は今年で48歳になり、私と猫も人間の年にすると48歳。飼い主と動物が同じ年になると、不吉なことが起こるのです。そのためか、猫は今までの恩を忘れて、庄屋様に代わり自分が主人のなろうと、庄屋様に呪いをかけて病にしました。私は夜鳴きをしてみんなを起こし、庄屋様が猫に喰われるのを防いできましたが、私の命もあとわずかです。その前にどうぞ庄屋様をお助けください、と涙ながらに頼み、男は消えてしまいました。

朝になると坊様は下村へ下りて行きました。そして村でニシンを買うと、庄屋様の屋敷に入っていき、お経を唱え始めました。そこにはあの化け猫がいました。坊様はお経を唱えながら、懐にしまってあったニシンを化け猫に食わせました。1匹、2匹とぺろりとニシン食べる化け猫を見て、坊様は3匹目のニシンを化け猫に向って投げました。ところがこのニシンには、村のばあ様から借りてきた出刃包丁が被せてあったのです。さすがの化け猫も刃物を飲み込んでしまったのではたまりません。

こうして化け猫退治の後、庄屋様は元気になりました。そして自分を救ってくれた鶏に大変感謝し、今まで以上に鶏を大事にしました。こうして鶏は長生きしたということです。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/3/8 20:59)


ナレーション市原悦子
出典新潟県
場所について十日町市本屋敷字下村(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:十日町市本屋敷字下村(地図は適当)
追加情報
このお話の評価9.0000 9.00 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/3/9 9:58 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  63  64  65  66  67  68  69  .. 78  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
カケス  投稿日時 2017/1/3 21:15
明けましておめでとうございます!
今年は酉年ですね!
今年48歳になる酉年の方も、こちらのサイトを
ご覧になっていることと思います。
このお話の鶏さんのように、今年48歳の酉年さん、
お互いに頑張りましょう!

今年48歳の鶏、カケスより。
ゲスト  投稿日時 2014/10/14 0:14
何かタイトルが怖くて見るのを避けてたけど、忠鶏さんのお話でしたか
今度ちゃんと見てみよう
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)