トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  奈良県 >  きつねの恩返し
No.1291
きつねのおんがえし
きつねの恩返し

放送回:0816-B  放送日:1991年10月12日(平成03年10月12日)
演出:細谷秋夫  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:細谷秋夫
奈良県 ) 12375hit
あらすじ

むかし、奈良の八條という所の庄屋の妻が、息子を生むとすぐに病で亡くなってしまいました。そこで、庄屋は同じ病で亭主と子供を亡くした「お清(おきよ)」という娘を乳母として雇い、息子を育てさせておりました。

そんなある春の日、お清は藪の中で鉄砲で撃たれて死んだ親狐と、親を亡くした子狐がいるのを見つけました。お清は親狐を手厚く葬ってやり、腹をすかせた子狐を庄屋の息子と一緒に自分の乳で育ててやることにしました。

しかし、お清は、こんなことが村人に知られたら、庄屋の息子と狐の子が乳兄弟だと噂になると思い、子狐を育てていることは秘密にしておったそうです。やがて、子狐は成長して山へ帰って行き、庄屋の息子も立派に成長して庄屋の後を継ぎました。

ある年の秋のこと、郡山のお城から村に「嫁取り大蛇」を退治せよという命令がありました。嫁取り大蛇は、片思いに苦しんだ娘が淵に身を投げて大蛇になったもので、その大蛇は、通りかかる嫁入り行列や女の人を淵に引き込んで殺してしまうのでした。

嫁取り大蛇をどうやって退治するかで、村人や庄屋の息子は困ってしまいました。すると、それを見ていたあの狐は、育ててもらった恩返しをするために、大名に化けて石上神社へ向かいました。そうして、古来より魔物を退治できるという石上神社の神剣を借り受けてきたのです。

庄屋の息子は、村人やお清に迷惑をかけないよう一人で大蛇を退治することを決心して、ある夜、一人で淵にやって来ました。ところが、嫁取り大蛇のあまりの大きさに太刀打ちできません。

その時、石上神社の神剣を持った狐が現れました。すると神剣から青白い光が射し、その光を浴びた嫁取り大蛇は、淵の底深く沈んで行ったそうです。

その後、哀れな身の上の嫁取り大蛇は村人たちによって手厚く葬られ、そうして、お清に育てられた狐はその後も長い間恩を忘れず、お清と庄屋の息子を見守っていたということです。

(投稿者:ニャコディ 投稿日時 2014/9/7 10:27) 


参考URL(1)
http://www.norichan.jp/jinja/shigoto2/sugata.htm
ナレーション常田富士男
出典奈良県
場所について奈良県大和郡山市八條町619 (菅田神社)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:奈良県大和郡山市八條町619 (菅田神社)
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/9/7 13:43 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 16  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  次>
コメント一覧
1件表示 (全1件)
籠目  投稿日時 2015/8/11 17:51
長者とキツネを息子「たち」と呼ぶ所が凄く良かった。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)