トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  茨城県 >  貧乏神と小判
No.1225
びんぼうがみとこばん
貧乏神と小判

放送回:0774-B  放送日:1990年11月17日(平成02年11月17日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:小林治
茨城県 ) 15283hit
あらすじ

昔、ある所に貧乏な百姓夫婦がおりました。

ある寒い冬の日、突然、屋根を突き破って男が落ちてきました。自分は貧乏神だ、住みにくいから出て行く、といいます。

しかし夫婦は「外は寒いからせめて明日の朝」とか言って引きとめようとします。「温まるから」と雑炊を食べさせようとしたり。貧乏神は「その人の良さがイヤなんだ!!」と怒って出て行きした。

しかし出て行くときに、「今夜の四つ時(22時)頃、街道の一本松の下に行ってみろ」と言い残しました。「神様の言うことだから」と、それに従って行って見ると、馬が大量のクソをたれるだけでした。

そのあまりの量にビックリして逃げ出してしまいましたが、「肥やしになる」と気付き、馬糞を拾っていると、なんと馬糞は小判になりました。馬がたれたクソは一里半も続き、これら全てが小判に変わり、夫婦が朝までかかっても拾いきれないほどだったそうです。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典日向野徳久(未来社刊)より
出典詳細茨城の民話 第二集(日本の民話72),日向野徳久,未来社,1978年12月05日,原題「貧乏神と黄金」,採録地「鹿島郡」,採話「富高武雄」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.5000 9.50 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 20  件):   <前  1 ..  14  15  16  17  18  19  20  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
じゅりあちゃん  投稿日時 2016/10/9 15:29
下唇ではなく、顎と思っていたので、このおじさんにアゴ吉という名前をつけましたよ。
マニアック  投稿日時 2011/10/25 20:37
下唇おじさん、またも貧乏神に・・・
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)