No.1113
みょうといわ
夫婦岩

放送回:0702-A  放送日:1989年06月10日(平成01年06月10日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:古宇田由紀子  作画:船越英之
岡山県 ) 19756hit
夫婦は仲良くしなさいよって話

昔、岡山の成羽町(なりわ)ところの山奥に木ノ村(きのむら)という村がありました。

この村には、とりわけ体が大きい清三郎(せいざぶろう)という力持ちで気の荒いの男がいました。清三郎には力持ちで気の強い嫁と、可愛い一人息子がいました。毎晩、大ゲンカをするような夫婦でしたが、この息子だけは大変な可愛がりようでした。

ある日、嫁が山瓜を取って帰って来ました。働きもせず家で嫁の帰りを待っていた清三郎は、山瓜を一人で食べようと、息子を連れて崖の上に登りました。それに気が付いた嫁が、崖をよじ登って追いかけていくと、清三郎は崖上から山瓜を投げつけました。次々に山瓜を投げつけるうちに、清三郎は誤って息子を崖の上から投げつけて殺してしまいました。

息子の死を後悔しきれなかった夫婦は、国司(くにし)神社の前にひれ伏して教えを乞いました。神さまは「死んだ者は生き返らない。供養のために下の谷から大岩を二つ運んできなさい」とお告げになりました。

夫婦は言われた通り、谷の大岩を持ち上げようと必死で格闘しました。やがて頭から角が生え、手には鋭い爪が生え、口からは牙が生えて、その姿は鬼になりました。鬼になった夫婦は、泣きながら大岩を持ち上げ、神社の境内に投げ上げました。

これを見た神様は、この岩を「夫婦岩」と名付け、岩に子供の姿を彫りました。そして「鬼になった姿で村人たちを驚かせないように、この岩を自分の子どもと思って遠くから供養するように」と言いつけました。

こうして、鬼の夫婦は中国山地の奥深くに引っ込み、遠くから息子の供養をしました。

(紅子 2012-10-10 3:22)


参考URL(1)
http://meotoiwa.jp/
参考URL(2)
http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/meotoiwa4240131.html
ナレーション市原悦子
出典岡山県
場所について夫婦岩(岡山県高梁市成羽町布寄木ノ村)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:夫婦岩(岡山県高梁市成羽町布寄木ノ村)
追加情報
このお話の評価7.6667 7.67 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/10 3:22 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 33  件):   <前  1 ..  17  18  19  20  21  22  23  .. 33  次>  
コメント一覧
2件表示 (全12件)
マルコビッチ  投稿日時 2012/2/22 18:05
岡山県高梁市成羽町木ノ村に『夫婦岩』があるみたいですよ・・・。
マニアック  投稿日時 2011/11/4 22:47
自分の子を死なした夫婦は、泣きながら、神様(下唇おじさん)に祈るが、神様は「死んだ子を生き返らすことはできぬが、子供になにか供養をするがよい。」と告げられ、夫婦は岩に頭をぶつけはじめ、そのうち鬼に変化してあとは、例のラストにつながったような...
投稿ツリー
2件表示 (全12件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)