トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  高知県 >  名刀の切れあじ
No.1069
めいとうのきれあじ
名刀の切れあじ

放送回:0675-A  放送日:1988年11月12日(昭和63年11月12日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:又野龍也
高知県 ) 6610hit
あらすじ

むかし、土佐の土佐山村の中切(なかぎり)という所に、人にいたずらを仕掛けては喜ぶ庄屋がおった。

たとえば、夜中、庄屋は鬼の面をかぶって臆病な下男の恒平(つねへい)を驚かすのじゃった。障子に映った鬼の影を見て恒平は便所にも行けず、布団をかぶって一晩中震える始末。ほんに人を困らせるのが生きがいのような庄屋じゃった。

ある日、庄屋は夜中に恒平をお使いに出し、鬼の面をかぶって真っ暗な峠で驚かしてやろうと考えたそうな。

隣村(鏡村 穴川)の庄屋に手紙を届けて来いと命じられた恒平は、恐ろしくて仕方なかったが、守刀として庄屋屋敷の宝『名刀 青江祐定(あおえすけさだ)』を借りることにした。庄屋は気前良く、祐定を恒平に貸したが、こっそり中身を竹光にすり替えておいたのじゃった。

さて、恒平は刀の中身が竹光とも知らず、真っ暗な山道を隣村へと歩いて行った。恒平が、『伸び上がり坂』と呼ばれる急な坂道を登り切り、峠まで来た時、「人 かぁ~喰おうかぁ~」と、庄屋が化けた鬼が現れた。鬼が大石を投げつけてきたので、覚悟を決めた恒平は竹光をスラリと抜き大石を切り払った。すると驚いた ことに、確かに庄屋が入れ替えたはずの竹光が、大石をばらばらと切り裂いてしもうた。

「なんでじゃ、切れるはずのない竹光が……」庄屋は慌てて、竹光を持って斬りかかってくる恒平から逃げ回った。結局、庄屋はかぶった鬼の面を真っ二つに切られ、頭に怪我をおい、ほうほうのていで逃げ帰ったそうな。

翌朝、恒平は何も気づかないまま、鏡村の庄屋からの返事を無事に持ち帰った。そうして、鬼を退治した名刀青江祐定の切れ味を庄屋に報告したそうな。

それ以来、庄屋は人をからかって喜ぶことをしなくなったという。そうして、これはきっと名刀青江祐定の魂が、竹光に乗り移って庄屋を懲らしめたのじゃろうと、後々、村人たちは噂し合ったということじゃ。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2012-12-31 16:01 )


ナレーション常田富士男
出典クレジット不明
場所について高知市土佐山中切(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:高知市土佐山中切(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/1/1 4:45 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1 ..  12  13  14  15  16  17  18  .. 25  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ニャコディ  投稿日時 2012/12/31 16:01 | 最終変更
名刀『あおえすけさだ』の漢字が、良く分からなかったので適当に当ててます。
ご存知の方いらしたら、お願いします。

新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

50 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)