トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  和歌山県 >  クジラとモグラ
No.1010
くじらともぐら
クジラとモグラ

放送回:0636-B  放送日:1988年02月13日(昭和63年02月13日)
演出:玉井司  文芸:沖島勲  美術:玉井司  作画:堀田篤子
和歌山県 ) 5906hit
あらすじ

昔、紀州の人里離れた海辺の寺に、ひとりの坊さまが修行をしていました。

ある日のこと、坊さまが観音様の前で念仏を唱えていると、観音様の声が聞こえてきました。「熊野へ行き、那智の滝で荒行をすることで悟りを開きなさい。しかし那智の滝に向かう人間を食う鬼がいるので気をつけなさい」

翌朝、坊さまは船に乗り込み海へ出ました。その途中、シャチの群れに追われているクジラを助けてあげました。熊野に近い海岸に到着した坊さまが、熊野に向けて歩いていると、子供たちにいじめられているモグラを見つけ、助けてあげました。

坊さまは、熊野に向けてどんどん山奥へ入って行くと、かすかに滝の音が聞こえてきました。もうすぐ那智の滝に着くと思った時、坊さまの目の前に恐ろしい鬼が姿を現しました。坊さまは必死に鬼と戦い、ありったけの念仏で鬼を溶かし、退治しました。

鬼との戦いに勝った坊さまの目の前には、那智の滝がありました。しかし那智の滝は、滝壺が深く広く落ちこみ、とても滝の落ち口まで行けそうにありませんでした。坊さまが困っているところに、助けたモグラが仲間を連れてやって来て「お礼にわたしがお坊さまを助けましょう」と言いました。

モグラたちは、穴を掘って滝の水を海まで流す方法を考えましたが、大量の水に対する良い方法が浮かびませんでした。海を見ながら困っているモグラの所へ、坊さんが助けたクジラが現れ「今度は私が坊さまを助ける番です」と言いました。

モグラたちが、滝壺から海の出口ぎりぎりまで穴を掘りました。そして、その穴の近くをクジラが思いっきり頭突きをし、滝壺から海までの排水道を作りました。滝壺の排水がうまくいったおかげで、滝壺の水はたちまち減り、荒行ができるくらいになりました。

坊さまはクジラとモグラに感謝し、来る日も来る日も荒行を続けました。やがて無事に荒行を終わらせ、偉い坊さまになりました。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2013-9-4 22:53)


ナレーション市原悦子
出典和歌山県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/4 23:27 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 22  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

47 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)