大蛇嵓の怪女 についてのコメント&レビュー投稿
昔、三重県船津の村に、六兵衛(ろくべえ)という豪胆な男がおりました。この男、「さみしい」とか「怖い」とかといったものを今まで感じたこともなく、大変肝の座った男でした。 ...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:もみじ 投稿日時 2012/6/25 0:15
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 |
この話、最初に見たときは、結局何が言いたかったのかよく分からないお話だなぁと思ったのですが、「怖いものなしだった男が、身の程を知った」「ただ、山の神にちゃんと挨拶していったので助けてもらえた」という話で良いのでしょうかね(・ω・;)

で、大蛇はなんで出てきたのか?

1、六兵衛を食べてやろうと思ったから
2、六兵衛の持ってる濁酒が欲しかったから
3、六兵衛が化け物が出たら呑み比べしてやると言ったので、挑戦しに来た→あとから食べるつもりだった

・・・(・ω・)3でしょうか?
もみじには、「街灯のない夜道でも一人で平気(・∀・)怖くないもん♪」といってウォーキングする女の先輩がいるのですが、
「違う意味で危ないから、やめてください」と言っています。(´・ω・`)、
今は山じゃなくても一人歩きは危険ですよね…。
投票数:2 平均点:10.00
返信する

投稿者:beniko 投稿日時 2012/6/26 15:40
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
原作を読んでみました。アニメと特に変わったところもなく、アニメは原作を忠実に再現しているといった感じでした。(二人の女が対決する様子は書かれていませんでしたが)

以下は紅子の感想ですが、
大蛇の登場にはあまり深い意味はないのかもしれません。(つまり理由1.かと思う)このお話で言いたいのは「山や自然をあなどるなかれ、自分の力を過信しすぎないように」という昔の人の戒め、と紅子は感じました。
投票数:2 平均点:10.00
返信する

投稿者:もみじ 投稿日時 2012/6/26 23:44
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
>大蛇の登場にあまり深い意味はないのかもしれません。

なるほど。そうかもしれないですね。
だって、呑み比べとかの話は村でしていたわけですから大蛇が知ってるわけもないですもんね。ただ純粋に餌としてみて近づいてきたのかもしれませんね(・ω・)

投票数:2 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2019/12/18 20:15
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この話の個人的に重要だと思う点は、山に入る前に神にしっかりとお参りをしたことだと思います。
この話では六兵衛はとりわけひどい人という描写はないですが、昔話などではたまに「傍若無人で嫌われ者だけれど、神(もしくは仏)に祈る心を持っていたものがいざという時に助かる」という話を見るので……
神や仏にとって大事なのは、人々からの評判などよりもいかに神仏を信仰するかである、ということをこの話から感じました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)