狐の相談 についてのコメント&レビュー投稿
越後の民話 第一集(未来社,1957年10月10日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。 昔、ある山道に二匹の狐が住んでいた。...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:beniko 投稿日時 2012/5/14 1:49
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 |
この予測あらすじを読む限り、紅子は何となく記憶があります。山のてっぺんで爺さんを二匹の狐が囲んで、じいさんが小判を一枚ずつ手に取り座っている狐の前に置く。山分けしている様子がフラッシュバックでぼんやり思い出せます。
このぼんやり記憶が正しければ、狐A⇔爺⇔狐B、という順番で小判を分けるので、結局爺さんが一番多く小判を貰う事になりますが、狐は特に気がつく様子がないままフェイドアウト。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:araya 投稿日時 2012/5/15 20:21
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
なかなかズルい結末ですな(^д^)。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:かちゅぽ 投稿日時 2013/4/3 16:45
最後は「おまえおれおまえ…」ってセリフだったかな。
狸ばやしといっしょにテープで録音してもらったのを昔聴いてた記憶が…
なのでよく覚えています。
こちらはビデオとかで見れないんですね。

投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2019/10/7 23:46
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
私もテープで録音したものを何回も聴いていました。

音だけのものだったので
セリフが特徴的なこの話は良く覚えています。

投票数:0 平均点:0.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)