出流原弁天池 についてのコメント&レビュー投稿
昔々、下野の国、佐野の人々は旗川の水を使って田畑を耕していた。 ところがある年のこと、佐野では日照りが続き、春から夏にかけて全く雨が降らなかった。田畑の土は白く固まり、...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:マルコ 投稿日時 2011/11/19 13:51
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.2 | 最終変更
今でも出流原弁天池って残っているんですよ!!
出流原弁天池湧水(いずるはらべんてんいけゆうすい)
住所:栃木県佐野市出流原町1117


昔ばなしとは関係ないのですが「朝日長者伝説」という言い伝えもあるんです。
朝日長者伝説:
昔このあたりに朝日長者が何不自由なく暮らしていたが、ただ一つ子宝に恵まれかった。そこで長者夫婦が、出流原弁天に子授けの願を掛けると、美しい女の子が生まれ、鶴姫と名付け、大事に育てたという。姫が18歳の時、山に遊びに入ったまま不帰の人となった。掌中の玉を失った長者夫婦にある時神が霊示したことは、姫は弁天池の鯉となっており、竜神となって昇天するためには、莫大な財宝がいるとのことであった。そこで長者は娘のためにと後山に財宝を埋め、宝のありかを詠んだ歌も残している。

環境省選定 名水百選より
https://www2.env.go.jp/water-pub/mizu-site/meisui/data/index.asp?info=17
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:マルコ 投稿日時 2012/2/21 14:30
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
ある年、この地方でひどい旱魃にみまわれた。
どの田もみな干乾びて、ついには井戸という井戸はすっかり干上がってしまった。
この上は神様に雨乞いをするほか無かった。
人々は磯山の麓に集まり、大太鼓を打ち、鐘を叩いて二日二晩祈り続けた。
だが、雨一粒落ちてくる気配は無かった。
太鼓を打つ男はついに撥を投げ出して倒れた。
他の者も地に伏して、絶望の涙を流すばかりだった。
その時、山中から白衣をまとった老人が現れた。
村人がその老人にいざなわれて土を掘ると、その穴の中からこんこんと清水が湧き出した。
それから、その清水は池となり出原弁天池と呼ばれどんな旱の時でも決して水が枯れることはなかったそうだ。

角川書店の「日本の伝説44・栃木の伝説」より
投票数:1 平均点:10.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)