とうせん坊 についてのコメント&レビュー投稿
昔、一本足の高下駄を履き、松明を持ったとうせん坊という大男が村を暴れ回っていた。 彼が物心付いた時すでに両親は無く、北上川上流の小さな寺に預けられていたが、大柄で頭が足...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:アーリアジャスール 投稿日時 2017/8/11 21:21
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
たしかに周りの人間たちの態度がとうせん坊の人生を狂わせたと思います。それにしても小林治先生の作品は怖いやつが多いな。十六人谷とか加茂湖の主とかみちびき地蔵や白馬岳の魔神とか。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/2/17 8:11
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
この世で恐ろしいものは人間であるということだまさに狂気の物語。非常に嘆かわしいことです
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/6/3 6:52
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
小学6年の授業のときに見せるべきですね。それも何回も。
人間の本性がわかるだろ
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/7/7 14:17
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
作者の何を伝えたかったかが、難解で理解できない。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:はなはな 投稿日時 2018/7/8 9:07
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
ひたすら怖くて悲しくてトラウマに。
何で善人が一人も登場しないのかな。
和尚さんだって、小さい時から育てたなら、
投げ出さないで欲しかったな。特に悪いことばかりしなかったなら。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:はなののののはな 投稿日時 2018/8/5 1:38
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
あらすじだけ読む限り、とうせんぼうが可愛そうです。
でも、慈愛に満ちた観音様は、どうしてとうせんぼうに力を授けただろう。苦しむためだけではなかったはず。きっと本当は、あなたはみんなを幸せに出来るよという意図があったはずと思うと、余計にかなしい。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/8/29 8:38
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
弱い者たちが夕暮れ さらに弱い者を叩く
人間の抱える業の話
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/9/1 19:44
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
自分の中にいるとうせん坊を知った気がした。いいこともわるいことも程度を超えると社会から疎まれるのかなあ。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/10/10 20:24
無差別殺人犯の何割かには、こういう原因があると思う。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/10/13 11:03
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
私もそう思って見てました
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)