夜泣き石 についてのコメント&レビュー投稿
むかし、岐阜県の恵那郡蛭川から福岡の高山に通じる若山道という峠に一軒の茶屋があり、若い夫婦が住んでいました。夫の万作は山に仕事に行き、嫁のお筆(ふで)は茶屋をして働き者...…全文を見る

投稿ツリー

スレッド

投稿者:Perenna 投稿日時 2018/12/26 21:24
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
「夜泣き石」の昔話は岐阜県恵那郡だけではなく、長野県伊那郡にもいくつか伝わっています。
「伊那の伝説」(昭和8年)によれば、現在の飯田市や阿智村にも「子泣き石」とか「赤子石」などと呼ばれる「夜泣き石」が存在するそうです。(コマ番号112/179)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463977/112

恵那郡と伊那郡は、恵那山を挟んで地理的に近い位置にあります。
このあたりの中山道筋には、似たような昔話が広く伝承されているのではないでしょうか?

投票数:1 平均点:10.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)