Re: としくらべ

としくらべ についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、大むかし。ある所に三浦大介(みうらだいすけ)という106歳の爺さんがおりました。「わしは日本一の年寄じゃ!」ある時、三浦大介爺さんは大威張りで旅に出ました。す...…全文を見る

Re: としくらべ

投稿者:Perenna 投稿日時 2019/3/5 22:03
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話に登場する「三浦大介106歳」という爺さんは、源平合戦の時に源頼朝に味方した三浦義明という武将らしいです。
三浦大介義明は89歳で討ち死にしますが、その十七回忌の時に源頼朝が大規模な法要を営んだので、89歳+17回忌で「三浦大介百六つ」と言われるようになったそうです。
「東方朔」はアニメではお坊さんの格好をしていますが、実は前漢の武帝時代の政治家なので日本人ではありません。
伝説によると東方朔は、西王母の三千年に一度実る桃を三つも盗んで食したので、たいへんな長寿を得たらしいです。
三千年×桃三つで、九千歳というわけです。
「七億婆」というのは、明治34年に出版された「理科十二ヶ月:第五月植物園」という子供向けの雑誌に「七億萬歳の偉人」という題で、次のように書かれていました。(コマ番号46/53)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1919423/45

「お隣のお鶴さんは千年まで生きやうし、元町の亀蔵さんは萬年生きるでせう。それよりも貧乏横町のいつでも質屋へ往く婆さんは七億婆だよ。」

「七億婆」の由来は、「質に置く」から「七億(しちおく)」というダジャレらしいですね(笑)。
おそらくこの昔話は地元に昔から伝わる伝説とかではなくて、吉敷郡にお住いだった話者の方の創作だったのではないでしょうか?

投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)