Re: 二度なりの栗

二度なりの栗 についてのコメント&レビュー投稿
むかし、ある山奥に、炭焼きの親子が小屋を作って、一年中炭を作って暮らしておりました。 ある時、この父親が病気になってしまいました。せがれは意を決して、「薬の木」があると...…全文を見る

Re: 二度なりの栗

投稿者:Perenna 投稿日時 2019/1/20 19:27
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
「御前淵」で調べてみたところ、大正10年に出版された「彦部村誌」に出ていました。(コマ番号152/189)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/960775/152

「御前淵は大字彦部機織館址の東麓彦部川筋なる深淵之なり当機織館主は斯波氏の滅亡と共に亡ふるに際し館主彦部新左衛門尉の妻(地方御前と云ふ)此の淵に投じて死せり依て此の名ありと淵は常に波紋をゑがきて碧潭底を見ず岸に老松あり枝を垂れて淵面を覆ふ人をして幽怪を感ぜしむ今に至るも漁するものなく水泳するものなし里人旱魃に際しては此の松に幣を捧げて雨請を祈願す」

御前淵に生えていた「薬の木」は松の木で、女神さまは機織館主・彦部新左衛門尉の妻の地方御前という女性だったらしいですね。
彦部村は現在の岩手県紫波郡紫波町彦部です。
__
情報提供ありがとうございました。淵の場所は分かりませんが、機織館山付近にマップを修正しました。(2019/1/31)
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)