Re: すりかえた財布

すりかえた財布 についてのコメント&レビュー投稿
昔、佐渡の大崎村に甚兵衛さんという貧乏な炭焼きが、おカカと二人で暮らしていました。 ある年の秋の事、甚兵衛さんが小木(おぎ)の港の問屋まで炭を売りに出かけました。その日...…全文を見る

Re: すりかえた財布

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/6/6 21:18
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
炭一俵が6文って随分安いな。(現代の金額にして200円以下だろう)
江戸時代中期では、屋台のそば一杯16文だったはず。
炭一俵作るのにどれくらい日数がかかるか知らんけど、
甚平どんは大損じゃないか。
問屋のじじい人の良さそうな顔して強欲。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)