Re: おタヌキ力士

おタヌキ力士 についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、奈良の曽我村というところに北林という豪家がありました。この屋敷の広い森にはタヌキの一家が住んでいるという噂がありました。 ある日、北林の家に待望の初孫が...…全文を見る

Re: おタヌキ力士

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/3/26 17:47
真菅村(ますげむら)はかつて奈良県にあった村。現在の橿原市西部にあたる。村名の由来は柿本人麻呂が詠んだ「真菅よし 宗我の河原に鳴く千鳥 間無しわが背子 わが戀ふらくは」に因む。「真菅」の読みはますげ、ますがに分かれており、前出の歌もどちらで詠んでいたのか説が分かれている。橿原市立真菅小学校は前者、近鉄大阪線の真菅駅と橿原市立真菅北小学校は後者の読みを採っている。

1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により高市郡土橋村、中曽司村、北妙法寺村、地黄村、曽我村、五井村、寺田村、慈明寺村、大谷村、小槻村が合併し、真菅村が発足。
1956年(昭和31年)2月11日 - 高市郡今井町・八木町・畝傍町・鴨公村、磯城郡耳成村と合併し橿原市を設置して消滅。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E8%8F%85%E6%9D%91
投票数:39 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)