Re: 味噌すりと武士

味噌すりと武士 についてのコメント&レビュー投稿
ある夏の日、天誅組(てんちゅうぐみ)が、ここ追分(おいわけ)の町を通るという通報が入った。 なんでも勤皇方(きんのうがた)の天誅組は、大和に入るためこの追分の町を通るら...…全文を見る

Re: 味噌すりと武士

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/1/19 19:10
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この時の大和郡山藩主は柳沢保申(やなぎさわ やすのぶ)でした。
のちにこの天誅組の鎮圧で功を上げたということですが、このお話は天誅組が狭山藩を攻撃した後かもしれません。狭山攻撃後、高取城攻撃で200名の高取藩兵により天誅組は翻弄の上大敗北、その後は天誅組の創部が貧弱と判明し幕府軍がかなり優勢に進めたそうです。
ちなみに柳沢保申は第一次東禅寺事件の対応でヴィクトリア女王から称賛されました。
投票数:28 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)