Re: 蛇とみみず

蛇とみみず についてのコメント&レビュー投稿
昔々、蛇は目玉が無くて、土の中で歌を唄って暮らして居ました。一方、みみずは大きな目玉を持って居ました。 蛇が声を張り上げて唄うと、お天道様も風の神様も雲も歩みを止めてじ...…全文を見る

Re: 蛇とみみず

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/11/20 0:18
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話の元ネタ本らしいものを見つけました。
昭和9年に出版された「郷土研究少年読本・昆虫漫談」(信濃郷土誌刊行会)という本に「ミミズの唄」が掲載されています。(コマ番号16/41)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1052917/16

この本では、ミミズは発声器官を持っていないので、実際はケラの鳴き声なのだと種明かしされています(笑)
「動物の世界」(日本の民話1)の巻末には参考資料が掲載されていますが、その中に「郷土研究(雑誌) 郷土研究社 大正2年~6年。昭和6年~9年」とあります。
角川書店の民話シリーズは、いろんな参考資料の中からテーマ別に選びだした民話を、松谷みよ子や瀬川拓男らが子供にもわかりやすいように書き直したものらしいですね。
投票数:24 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)