Re: かくれ里のふしぎ

かくれ里のふしぎ についてのコメント&レビュー投稿
むかし、和賀国(岩手県和賀郡)の赤沢山では黄金(こがね)が出ると言われており、ここに二人の男がこの話を聞いて山に入って黄金を探していた。一人は年配で、もう一人は若い男で...…全文を見る

Re: かくれ里のふしぎ

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/11/13 23:11
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話の元ネタは、佐々木喜善の著した「和賀郡昔話」に収録されている「赤沢山の山女の話」らしいですね。
「和賀郡昔話」にはもうひとつ「隠里に行った人の話」というものがあるので、辺見じゅんは、このふたつの話をもとに「かくれ里のふしぎ」を書いたのではないでしょうか?
「太田村、西山の奥に赤沢といふ所がある。黄金があると言って、昔此沢に草分(くさわけ)といふ業をいとなむ者二人あった。彼等二人は金の有所を尋ねようと山奥深く分け入ったのだ。」という書き出しで始まっています。
さらに、この昔話の出典は「東奥古伝(一名吾妻昔物語)巻三、第十一話」と書かれています。
また、この話の結末は次のように書かれています。
「あの女共はあんなに美しいがきっと魔性のものに相違ない。この金があったらなにしに二度と山へなぞ帰らう、恐しいことだと語り合ひつゝ来ると荷がひどく軽くなった。家へかへって下して見ると黄金はただの赤土になってゐた。その後両人は山へ引き返して行って彼女達を求めたけれどももう二度と逢はれなかった。それからは何んだか知らぬが此の山中には人の叫声が折々するやうになった。」
アニメでは描かれていませんが、山の中から人の叫び声が聞こえてくるようになった、という結末がなんとなく恐怖を感じさせますね。
投票数:39 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)