Re: 八郎潟の八郎

八郎潟の八郎 についてのコメント&レビュー投稿
昔、十和田湖に八郎という一匹の竜がいました。この八郎はもともとは人間でした。 岩手県の雫石に暮らしていた八郎が、仲間の喜藤(きとう)、三治(さんじ)と一緒に山へ入った時...…全文を見る

Re: 八郎潟の八郎

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/10/27 23:42
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
このアニメのもとになったのは、未来社の「日本の民話別巻1 みちのくの民話」に収録されている「三つの湖のものがたり」(秋田県)ではないでしょうか?
「岩魚(いわな)のにおい―十和田湖のできた話」
「鉄のわらじ―八郎と南祖坊のたたかい」
「かがり火の花―人の心にかえった八郎」
「魚の天国―八郎潟のできた話」
「谷間の清水―田沢湖の生れた話」
「かたくりの花―八郎と辰子」
という6つの話を収めた連作ものです。
八郎は十和田湖を振り出しに、あちこちの湖を転々としていました。
ひょっとすると田沢湖も住めなくなってしまったので、愛する辰子姫を連れて、またべつの湖や沼に転居したのかもしれませんね。
投票数:34 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)