Re: 青いきき耳頭巾

青いきき耳頭巾 についてのコメント&レビュー投稿
ある所に権太(ごんた)という少しウスノロであったが、心根のやさしい若者がいた。両親は既に他界していて一人暮らし。近くに住む叔父さん(伯父さん)が飼育する牛の面倒を見るこ...…全文を見る

Re: 青いきき耳頭巾

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/9/23 0:55
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と似たような話は、未来社の「越後の民話・第二集」にも収録されています。
題名は同じ「青い聞耳ずきん」(長岡市深沢町)です。
「山の村に、権という、若い、気立てのいい炭焼きがすんでいた。毎日、炭焼いたり、山の畑にアワやヒエを作ったりして、暮らしていた。」という書き出しで始まっています。
主人公の権はサルの親子と仲良しで、あるとき子ザルが猟師の仕掛けたワナにかかっていたので、ワナからはずして助けてやりました。
また、親ザルが病気になったときも、権が親切に介抱してやったので、そのお礼として鳥の話がわかる聞耳ずきんをもらいます。
カラスの話していた情報をたよりに、庄屋のお嬢さんの病気の原因(ヘビとナメクジのたたり)を除いてやりました。
権は命の恩人だというので、お嬢さんのお婿さんになって、めでたしめでたしという話です。
主人公の名前が「佐渡の民話」では権太で、「越後の民話」では権というのも、なんらかの共通性がありそうな感じがします。
投票数:2 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)