ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の民話(未来社) >  日向の民話 第一集(日本の民話14宮崎)
日向の民話 第一集(日本の民話14宮崎)
この書籍の中のお話から エビとカラス(0797)、大豆の神様(0809)、ぞろりんがったん(1148)、がアニメ化されました。
書籍名日向の民話 第一集(日本の民話14宮崎)
編著名比江島重孝
出版社未来社(ほるぷ版だと第23巻)
発刊日1958年11月29日
アニメ化エビとカラス(0797)
大豆の神様(0809)
ぞろりんがったん(1148)
管理番号mrnm14
※掲載情報は 2015/5/4 0:38 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数67話
収録数67話

目次(仮掲載)

狐の太郎左衛門,命長い名,琴塚,河童の遠征,銭をひる馬,牛の鼻ぐり,塩焼きと鶏,お金ガ浜とお倉ガ浜,大蛇の子,ひょすぼ岩,黄金の鍬,黄金の壷,河童と金丸どん,鬼切丸,西の長者,ひできちばなし,あかぎれの童子,河童の魔よけ,河童のお礼参り,化猫の宿,とんころとんころ,重箱ばば,じたとがた,腹痛の池,虎ときつね,おなら売り,宝の下の鶴,猿カニ合戦,うしろくそ、まえ味増,半ぴどん,魚籃の観音,海幸山幸,びんたあげえびんたさげえ,火車がねろちょった,十死と仁王,こればあさん笠賃よ,うしろむきの地蔵さま,おかしな屁,灰のしめなわ,火消しのカラス坊主,あちこちの寺,そばと米の御飯,ばばおるかい,阿呆ばなし,母狐,銀杏の木,エビとカラス,黄金の精,狩人源兵衛,片目の鮒,ぞろりんがったん,湖水ガ池,そばの花,天狗松,ここ掘れごっごく,身替観音,万太郎狐,鉄に唐金,金の釣り橋,太腹観音,二十三夜様,大根川,杖立ての泉,親蛇子蛇,かくれ国に遊ぶ,大豆の神様,下女と御器

カテゴリ内ページ移動 ( 79  件):     1 ..  11  12  13  14  15  16  17  .. 79    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)