ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  名作文庫シリーズ(平凡社) >  武蔵野の夜明け(名作文庫 第12巻)今昔物語集
武蔵野の夜明け(名作文庫 第12巻)今昔物語集
書籍名武蔵野の夜明け(名作文庫 第12巻)今昔物語集
編著名杉浦明平
出版社平凡社
発刊日1979年04月05日
管理番号heibon12
※掲載情報は 2015/5/5 16:36 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
今昔物語集の現代語訳
今昔物語集の現代語訳

目次

悪人往生,なぐられた息子,法くらべ,施しにも礼儀を,悪運に勝った枇杷の大臣,夜道のお供,実印僧都と追いはぎ,腕くらべ,鏡箱の歌,充と良文の決闘,震えおののく袴垂,人質をとった盗人と源頼信,馬どろぼうと頼信父子,五位と利仁将軍,盗人の恩返し,亡霊を叱った上皇,水の精,古い空き家の怪,真夜中の葬式,怪しい杉の木,馬の尻に乗る美女,赤んぼうを抱いた女,鈴鹿山の肝っ玉くらべ,浮気心の報い,牛車に負けた三豪傑,すわりこみ撃退法,追いはぎよけの妙案,毒殺計画の失敗,鼻の和尚,人形目代,舞茸,馬の名人,欲深信濃守,がまにだまされた大学生,おくびょうものの強がり,強盗を迎え入れた前筑後守,つり鐘どろぼう,袴垂の悪ぢえ,干し魚を売る女

※この書籍情報は、紅子が実際に書籍を手にして内容をざっと確認したものです。(2012年8月現在)

カテゴリ内ページ移動 ( 20  件):     1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 20    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)