このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0988
おろちのやけど
おろちのやけど

放送回:0623-A  放送日:1987年11月07日(昭和62年11月07日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:堀田篤子
京都府 ) 14285hit
丹波の秋が霧深い、その理由

昔、丹波の山奥の村に、馬でも牛でも一飲みにしてしまう大きなオロチ(大蛇)が住んでいました。しかもこのオロチは、夏になると田んぼの水を全部飲み干してしまい、村人たちは米が作れず困ってしまいました。

そこで村人たちは、大勢で山のてっぺんに登って火を燃やし、みんなで雨乞いをしました。しかし山の頂上と思っていた所は、寝ているオロチの背中でした。村人は気が付かずオロチの背中の上でどんどん火を焚いたので、オロチは背中に大やけどを負ってしまいました。

目を覚ましたオロチは痛くて痛くて、やけどを冷やそうと口から水を全部吐き出して背中に吹きかけました。夏の間、オロチは火傷に毎日毎日水を吹き続けたので、それが村では夕立になりました。秋になっても少しずつ口から水を吹き続け、それが霧になりました。

この霧は、丹波の山や里をすっぽり包むようになり、そんなわけで丹波の秋は霧が深くなりました。オロチはというと、これに懲りて二度と里に下りてこなくなったといそうです。

(紅子 2011-12-24 23:05)


ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
出典詳細アニメはタイトル無しで出典不明ですが、『京都のむかし話』によると採録地は丹波との事。
場所について丹波の奥山(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/24 23:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

149 人のユーザが現在オンラインです。 (59 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)