このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0985
きのこのばけ
茸の化け
高ヒット
放送回:0621-A  放送日:1987年10月24日(昭和62年10月24日)
演出:塚田洋子  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:塚田洋子
秋田県 ) 60793hit
あらすじ

昔、ある山奥に婆様が一人で住んでいた。

ある夜のこと、婆様が糸を紡いでいると、いつの間にやら16~7歳の娘が三人、目の前に座っていた。「森の奥はまっぐらげ~、オラたちゃあばの家がええ~」不思議な娘たちの歌に聞き入っていた婆様はボーっとしてきて、いつの間にか朝になっていた。次の晩も娘達はやってきて、一晩中騒いではいつの間にかいなくなっていた。

こんな夜が七日七晩続き、婆様は日増しに痩せてまるで生気を吸い取られたようにぐったりとしていた。婆様は、娘達の歌の中に出てくる「うすい峠の法覚坊(ほうかくぼう)」にこの事を相談してみることにした。すると法覚坊は、「化け物の仕業だから茄子を煮てごちそうすれば大丈夫だ」と、教えてくれた。

さっそく婆様は、夜になり訪れた三人娘にナス汁をご馳走することにした。一口食べた娘達はぎょっとした表情になり、お婆さんもそのまま気を失って倒れてしまった。どのくらい経ったか、気がついてみるともう娘達の姿はなく、座っていた所にはお椀が三つふせて置いてあった。婆様がお椀を持ち上げてみると、お椀の下にはキノコがあった。

実は、三人娘の正体は山の茸だった。山の茸が娘に化けて、婆様を憑り殺そうとしていたのだった。それ以来、茸を食べる時はなるべく茄子も一緒に食べるようになったそうだ。

(紅子 2011-10-25 2:00)


参考URL(1)
http://common.pref.akita.lg.jp/koholib/search/html/222/222_030.html
ナレーション常田富士男
出典今村義孝(未来社刊)より
出典詳細秋田むがしこ 第一集(日本の昔話09),今村義孝,未来社,1959年9月30日,原題「きのこの化けもの」,採録地「仙北郡南外村」,話者「堀井徳五郎」
場所について秋田県仙北郡南外村(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.5333 9.53 (投票数 30) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/25 2:00 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)