このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0926
さんきちとこじょろう
三吉と小女郎
高ヒット
放送回:0582-B  放送日:1987年01月17日(昭和62年01月17日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:フクハラ・ヒロカズ
岐阜県 ) 20264hit
あらすじ

昔、岐阜の中野村というところには、沢山のキツネが住んでいました。

ここのキツネたちは「桑下」「羽白」の二派に分かれて、いつも喧嘩ばかりしていました。桑下チームには三吉という男キツネ、羽白チームには小女郎という女キツネがいました。

ある喧嘩の最中に、三吉と小女郎が出合いました。三吉は、小女郎がメスだとわかると力勝負を避け、化け比べをすることで勝敗をつける事を提案しました。この提案にのった小女郎は、ある月の美しい晩に勝負することにしました。

この時、三吉は殿様行列に化け、小女郎はおいらん行列に化けました。どちらも素晴らしい化けっぷりで、化け比べをしている最中に二人は恋に落ちました。

この二人の禁断の恋に、それぞれのチームは激怒し、二人を合わせないように監禁しました。やがて、小女郎に会いたくてたまらなくなった三吉は、見張りのキツネを殴り倒して、小女郎が監禁されている羽白へ向かいました。

しかし、小女郎を見張っているキツネたちにボコボコに殴られて、その傷が元で三吉は死んでしまいました。小女郎は悲しみのあまり、後を追うように川に身を投げて死んでしまいました。

この事で、それぞれのチームは「こんな事だったら結婚させてやれば良かった。もう喧嘩は止めだ」と言って、自分たちの愚かさを反省しました。そして、中野村の人たちは「三郷稲荷」を建てて、三吉と小女郎をまつりました。

(紅子 2013-10-13 0:36)


ナレーション市原悦子
出典岐阜県
場所について三郷稲荷(さんごういなり)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.6667 7.67 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/13 0:36 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)