このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0009
ももたろう
桃太郎
高ヒット
放送回:0005-A  放送日:1975年02月04日(昭和50年02月04日)
演出:児玉喬夫  文芸:平見修二  美術:児玉喬夫※備考参照  作画:児玉喬夫※備考参照
岡山県 ) 58172hit
桃から生まれた男の子が、犬と猿とキジと一緒に鬼を退治する。

おばあさんが川から拾った桃を切ろうとしたら、桃が自然に割れて中から男の子が飛び出してきた。桃太郎と名付けられた男の子は見る間にすくすく育ったが、一言も口をきかなかった。

しかしある日突然「鬼退治に行く」と言い、きびだんごを持って鬼退治に出かけた。

道中に犬と猿と雉を家来にした桃太郎は鬼の住む鬼ヶ島に上陸し、酒盛りしていた鬼どもを奇襲攻撃し、桃太郎の怪力と石頭、家来のかみつき、ひっかき、つつき攻撃により見事に鬼を退治し、村からうばった宝をとりもどした。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:51 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
備考狢工房様のサイトによれば演出:児玉喬夫 文芸:平見修二 美術:阿部幸次 作画:前田庸生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第1巻-第001話(発刊日:1976年4月30日)/童音社BOX絵本_第25巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第004巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第3巻-第09話(発刊日:2005年11月14日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第01巻(絵本発刊日:1984年10月15日)/講談社テレビ名作えほん第001巻(発刊日:1977年5月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「中国地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「中国地方の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より「桃太郎」は「日本五大昔ばなし」のひとつに数えられる有名な話です。川上から流れてくるという設定は「瓜子姫」のうりなど、「桃太郎」以外の昔ばなしのなかにもいくつかみられます。昔、人々の暮らしに、川の水は重要な役割を果たしていました。そのたいせつな川の流れはじめる山の上は、神様の降り立つところ、と考えられていました。そこから流れてくるのは神の申し子というわけです。大きく成長し、鬼退治に一人で旅立つ桃太郎。男の子は強くたくましくあって欲しいと願う親の心が、この物語には深くこめられています。(岡山地方のお話)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「岡山地方の昔ばなし」
7.6667 7.67 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)