このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0084
かみそりぎつね
かみそり狐
高ヒット
放送回:0051-A  放送日:1976年09月25日(昭和51年09月25日)
演出:杉田実  文芸:境のぶひろ  美術:下道文治  作画:上口照人
鳥取県 ) 52649hit
あらすじ

昔、ある野原にいたずらな狐の一族が住んでいた。この狐どもは、人をたぶらかしては頭をつるつるに剃ってしまうそうだ。そんなわけで、この狐たちには「かみそり狐」という呼び名がついていた。

ある日、このかみそり狐を退治しようと村の衆が集まったが、村でただ一人、狐に頭をそられていない才造(さいぞう)という若者が名乗りを上げた。才造はちょっと知恵があるのが自慢で、村の衆にも一目置かれていた。だから、才造なら退治できるかもしれないと思った。だが心のどこかで、才造もつるつるにされてしまうのではないかとも思っていたそうだ。

さて、才造は野原の真ん中で狐が姉さに化けるのを見つけた。狐の化けた姉さは、才造が見ているとも知らず歩いて行った。しばらくいくと、姉さは道端にしゃがみこんで、枯れ草を引っこ抜いてなにやらこしらえ始めた。やがて枯れ草の人形ができあがると、それが生きた赤ん坊に変わった。才造は狐の化けた姉さが何をするつもりかわからないので、そっと後をついていくことにした。

そうして姉さは、一軒の家へ入って行った。「遅くなっただな」家の中にはおばばがいて、枯れ草が化けた赤ん坊をあやし始めた。そこへ才造が駆け込んで、槍を姉さに向けながら言った。「おばば、騙されちゃなんねえ。この嫁さは狐が化けてるんだ。おばばの抱いている赤ん坊は枯れ草の人形じゃ。おら、この目でしっかり見てるんだ」「なにするだ、おらの大切な嫁こを殺す気だか?」「嫁っこでねえ、狐だ」「いや、嫁こだで」言い争ってもきりがない。そこで才造は知恵を働かせることにした。

才造は、姉さと赤ん坊を縛り上げると、杉の葉を燻し、その煙を浴びせ始めた。姉さと赤ん坊は煙を浴びて咳き込みだした。だが、いつまでたっても正体を現さないので、才造はだんだん心配になってきた。そしてとうとう、姉さと赤ん坊はパッタリと倒れてしまった。「死んでしまった!これでもおらの嫁こと孫が狐か?」

おばばは才造を責めた。「起きてけれ、返事してけれ」と、才造が呼びかけても姉さは返事をしなかった。「どうすべどうすべ、おらとんでもねえことをしてしまっただ」才造が困っていると、偉いお坊様が現れた。坊様は才造をなだめたが、気が済まない才造は、死んだ嫁さと孫を弔いたいと、坊様に弟子にしてくれるように頼んだ。坊さんもそれではと、才造の頭を丸めることにした。

だが、実はこの坊さんも、おばばも、姉さも、みんなあの「かみそり狐」が化けていたのだった。そうして見事才造もつるつるに剃られてしまったのだった。

(投稿者: 十畳 投稿日時 2011-8-3 15:40 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第9集(DVD第42巻)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第58巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第19巻-第093話(発刊日:1977年9月20日)/童音社BOX絵本_第16巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/講談社テレビ名作えほん第026巻(発刊日:1978年4月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「鳥取県の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
7.4000 7.40 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/4 4:32 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

144 人のユーザが現在オンラインです。 (55 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)