このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0821
もちのしらとり
もちの白鳥

放送回:0516-B  放送日:1985年10月05日(昭和60年10月05日)
演出:三善和彦  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:志村芳子
富山県 ) 14997hit
冷酷な長者が愛する娘のために用意した、突拍子もない婚礼の悲劇

昔、富山の下立(おりたて)村にどえらい長者がいた。

何百反もの田畑に米蔵酒蔵宝の蔵を七つづつ持ち、何十頭もの牛や馬、それに何百人もの使用人を使って、城のような屋敷に住んでいた。長者は使用人達の仕事ぶりを馬に乗って見て回り、少しでも仕事の遅いものがいると例え病人や老人でも容赦せず、お陰で使用人達は一年中休むことなど出来なかった。

こんな長者も一人娘だけには目がなく、姫や姫やと大層な可愛がりようだった。やがて姫は年頃の娘になり、万山(よろずやま)の板東長者のもとへ嫁ぐことになった。そこで長者はなんとしても誰も見たことがない程立派な婚礼にしてやりたいと思い、あることを考えた。

その日から全ての田圃に餅米の苗が植えられ、使用人達は夜明け前から日が暮れた後まで、前よりも一層ひどく働かされた。やがて秋になると、長者はとれた餅米で来る日も来る日も餅をつかせ、そうして出来た餅を、板東長者の家まで姫の歩く道にぎっしりと敷き並べさせた。

そして婚礼の日が来て、姫はゆっくりと餅の上を歩き始めた。その様子を、使用人達は遠くからじっと見つめているしかなかった。行列が中程まで来たとき、姫の背後から白い鳥が一羽飛び立った。と、思う間もなく、餅は次々に白い鳥に姿を変え、すさまじい羽音を立てて一斉に大空へ舞い上がった。姫の婚礼は、こうしてめちゃくちゃになった。

それからは長者の田畑には五穀が何も実らなくなり、使用人も次第にいなくなって、長者の屋敷にも住む者がなくなって荒れ果てていったという…。

(引用:狢工房サイト)


参考URL(1)
http://mujina.agz.jp/shiratori.html
ナレーション常田富士男
出典稗田菫平「富山県の民話」(偕成社刊)より
出典詳細富山県の民話(ふるさとの民話31),日本児童文学者協会,偕成社,1982年4月,原題「もちの白鳥」,採録地「宇奈月町」,再話「稗田菫平」
場所について黒部市宇奈月町下立(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.0833 9.08 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)