このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0731
せなかのあかいかに
せなかの赤いカニ

放送回:0459-B  放送日:1984年09月01日(昭和59年09月01日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
神奈川県 ) 18858hit
あらすじ

昔、神奈川県川崎市の 医王寺(いおうじ)の庭には池があり、カニがたくさん住んでいた。

毎日毎日お寺の鐘が鳴ると、池のコイもカニも一斉に顔を水面に出し、じっと目を閉じてありがたい鐘の音を聞いていた。この時ばかりは一番怖いシラサギも、魚やカニを襲って食べる事はなかった。

ある日、お寺が大火事になった。カニたちは、いつもシラサギから身を守ってくれる寺の鐘に感謝していたのだろう。たくさんのカニが出てきて、鐘つき堂(鐘楼)を覆い尽くし、泡を吹いて火事から鐘を守った。

火事が収まった後、鐘つき堂の周りにはたくさんのカニの死骸があった。それらのカニはすべて、火事で背中が焼けて真っ赤になってしまっていた。

寺の和尚さんはこれらのカニを丁寧に供養し、わずかに生き残ったカニを池にもどしてやった。この後、医王寺の池に住むすべてのカニは、背中が赤くなったということである。

(投稿者: カケス 投稿日時 2013-9-8 20:32 )


参考URL(1)
http://www.japanmystery.com/kanagawa/iouji.html
ナレーション市原悦子
出典ふるさとの民話(偕成社刊)より
出典詳細神奈川県の民話(ふるさとの民話8),日本児童文学者協会,偕成社,1978年10月,原題「せなかの赤いカニ」,採録地「川崎市」,再話「萩坂昇」
場所について川崎の医王寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.7692 9.77 (投票数 13) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/8 20:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)