このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0720
いじわるじじいせっこぎばばあ
いじわるじじい・せっこぎばばあ

放送回:0452-A  放送日:1984年07月14日(昭和59年07月14日)
演出:樋口雅一  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:樋口雅一
岩手県 ) 15081hit
あらすじ

昔あるところに、気短で威張り屋の爺さんと無精者の婆さんが住んでいました。

じじいが種まき用の豆をばばあに持ってこさせようとしますが、いつまでものんびり数を数えています。「くそばばぁ早くしろ!」と罵詈雑言。

いつまでたっても寝ている婆。しびれをきらせたじじいが家に戻ってみると食事を食べていました。しかもじいさんの食う分なんて用意していません。一人でほとんど食ってしまいました。「自分の食べる分を作ったんだ」と、ばばあ。

切れたじじいは「おまえのために畑を耕しているんじゃねぇ!」。ばばあは実家に帰ってしまいました。せいせいしたと思っていましたが、やはりさびしいじじい。さんしょの木をに届けてもらいます。

「さんしょの木」→「木さんしょ」→「来さんしょ」という謎かけでした。これに気付いたばばあ、怒って「ねずみ」とさんしょの木を送り返しました。ねずみの「ジィジィ」鳴く音とかけて「じじい来さんしょ」という意味でした。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典岩手県
備考せっこぎ=怠け者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.1429 7.14 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/3/4 1:17 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)